New book launch “IA/UX Practice”

IA/UXプラクティス

3/18 (金) に書籍『IA/UXプラクティス』が発売されました。

単著として 2 冊目の本ですが、予約開始直後から多くの方にご紹介いただき、とくに献本させていただいた方々のご紹介のおかげで、予約数も前著を大きく上回る結果となりました。本当にありがとうございます。

この本が示すテーマは、「情報アーキテクチャとUXデザイン」ということになりますが、過去を振り返って整理した部分と、これから考えなければならない部分とが混在しています。その中で、演習をカットして「よくある課題 (Practice)」に変更したのは、問題を解くことよりも問題を共有する段階に今はあるのではないかと考えたところにあります。

今回新たに書き下ろした第5章は、昨今のカスタマージャーニーマップに関する経験と課題をまとめています。付録につけた「UX Recipe の挑戦」まで読めば、今後求められるデザイン活動においてカスタマージャーニーの重要さとUXデザインのアプローチ(方向性)がなんとなくイメージできるかと思います。

この「なんとなく」が重要だと考えています。

すでに読んだ人の中には「内容が浅いのではないか?」「もっと具体的に知りたい」と思った方もおられると思いますが、知りたい内容や具体的にしたいことは読者ごとに違います。セミナー後のアンケートでも同様ですが、もっと進め方の詳細を知りたいと思う人や、もっと具体的な数字を知りたい人、説得材料がほしい人、巻き込み方を知りたい人、ツールの使い方を知りたい人などさまざまです。

これらは山積するサービスの課題とまったく同じです。個別に対応するのではなく、それらが指し示す本質的な課題はなにかを考えてみました。ボクはそれを「関係者との課題の共有不足」ではないかと解釈しました。そのため、この本はそうした課題を幅広く扱うカタチになっています。あとはそこからどう詳細に落とすか、どう具体的にするかは読者の置かれた環境の中で見出していただければと思っています。

本書が、そのキッカケづくりに貢献し関係者の共通言語となることを願います。そしてそれを広く共有していただければ、われわれのデザイン活動は大きく前進すると信じています。

IA/UXプラクティス』の発売を記念して各地でセミナーを企画しています。希望があれば Facebook でメッセいただければと思います。

最後に目次をざっと並べて見てみました。みなさんの課題のヒントは見つかったでしょうか?

目次

第1章 UXデザインのとらえ方

  • UXデザインとは
  • ユーザビリティとの違い
  • HCDプロセスの応用
  • リーンUXの原則
  • Practice: UXデザインをプロジェクトに入れるには?
  • コラム: リーンUXと品質の関係性

第2章:モバイルのUXデザイン

  • モバイルファーストの考え方
  • モバイルデザインのヒント
  • タッチ・ジェスチャーのインタラクション
  • 解像度とレスポンシブ対応
  • Practice: モバイルの役割を考えるには?
  • コラム: クロスチャネルにおけるデザイン

第3章:モバイルにおける情報アーキテクチャ

  • モバイルのIAパターン
  • 階層型
  • ハブ&スポーク型
  • マトリョーシカ型
  • タブビュー型
  • 弁当箱型
  • フィルタビュー型
  • 複雑なナビゲーションパターン
  • Practice: デザインパターンを活用するには?
  • コラム: 愛着を深めるマイクロインタラクション

第4章:問題解決としての情報アーキテクチャ

  • コンテンツ構造設計と優先順位
  • 検索パターンとナビゲーションの関係
  • プロトタイピングという可視化
  • デザイン原則
  • Practice: プロトタイピングツールの使い方とは?
  • コラム: サービスデザインという見方

第5章:UXジャーニーマップと可視化

  • ジャーニーマップの種類
  • シナリオの活用
  • 定量✕定性
  • UXマッピングツールの活用
  • Practice: カスタマージャーニーマップを活用するには?
  • コラム: カスタアマージャーニー分析

付録

  • アプリUIデザイナーからみたUX with 深津さん
  • ECサイトにおけるLPパターン by 稲本さん
  • 事業会社におけるUXデザインの取り組み by 村越さん
  • UX Recipeによる挑戦
  • UXデザインに関する書籍紹介

関連記事

発売を記念して Facebook ページを作りましたので、興味ある方はリアクションしてみてください。


|   

Piece of Service Design Sprints

Service Design Sprints のフレームワークを使って、試験的にワークショップを実施しました。

Service Design Sprints とは、リーン・スタートアップとサービスデザインを組み合わせたようなもので、4 日間で MVS (Minimum Viable Service) を得る手法です。Google Ventures の Design Sprint とは異なるものです。そのほか半日や 2 日間で行う Google Design Sprint もあります。

  • Service Design Sprints / 4日間 / 最小限のサービス (MVS) を得る
  • GV Design Sprint / 5日間 / 最小限のプロダクト (MVP) を得る

最終的に落とし込むのが、サービスかプロダクトかという点で違いがありますが、どちらもリーンスタートアップをベースにした短期間集中プログラムです。ちなみに、書籍は『サービス・スタートアップ』と『Sprint』が参考になります。

ワークショップ

今回のワークショップは、短い時間の中で Service Design Sprints を知ってもらうこと、体験を通してアイデア創出のヒントをつかんでもらうことを目的に取り組みました。

2時間だけだったこともあり、ワークの中から「Time Machine / Invoke your heroes / SWAP」の3つだけを取り出し、それぞれを約 20 分くらいで取りかかるというクレイジーなスケジュールで取り組みました。

  • Time Machine: 過去・現在・未来を調査する
  • Invoke your heroes: ヒーローにインタビュー
  • SWAP: たくさんアイデアを出す

Time Machine – 過去・現在・未来を調査する

ワークショップ風景

まず、グループごとに対象サービスを決めてもらいます。以下4つの中から選んでもらい、それぞれの過去・現在・未来を調査していきました。サービスの選定基準は参加者が利用したことのあるサービスとしてボクのほうであらかじめ用意しました。

  • コンビニ
  • 地下鉄
  • コーヒーショップ
  • スーパー

ワークブックでは「Yesterday / Today / Tomorrow」と書かれていましたが、いつの時代かで迷う人もいたので「起源 / 今 / SF」くらいの振れ幅で考えてもらうようにしました。過去を見つめ直してもらうことで、新しい未来を考えるキッカケにつながります。

そのあとに、それぞれの時間軸で「Learn / Use / Remember」を深掘りしてもらいました。これも「認知方法 / 利用方法 / リピート方法」という具合に、独自の解釈を加えて進めてもらいました。

Invoke your heroes – ヒーローにインタビュー

Invoke your heroes

実際のユーザーにインタビューをしてもらいます。この場合「Hero」とは「エクストリーム・ユーザー」を指します。今回は時間もなかったので以下 4 タイプから選んでもらうようにしました。

  • ヘビーユーザー(熱中しやすい人)
  • ギーク/テッキー(一日中スマホ触っているような人)
  • 臆病/慎重すぎる(何でも臆病になる人)
  • シニア(高齢者)

このタイプが1で決めたサービスにおいて、どう振る舞うのか(どんな人で、どんな行動をするのか)を付箋に書いてもらい「The Hero Profile」のワークシートに貼り付けてもらいました。

だいたいイメージが固まってきたあとに、実在する人にインタビューをしてもらいます。聞き手と書き手のペアで取り組んでもらうようにして、オフィス内で直接聞いてみたり、チャットやメッセで聞いたりしてもらいました。

インタビュー項目は、主にペルソナで使われる構成要素をベースに考えてもらいました。

  • プロフィール(性別・年齢・居住地・職業・家族構成など)
  • サービス利用(1で決めたサービスとの関わり方)
  • 価値観(性格やタイプ、なにを大事にしているかなど)
  • 課題や要望(どういう課題を持っているかなど)

SWAP – たくさんアイデアを出す

SWAP

インタビューで得たニーズや課題からアイデアを描いていきます。インタビューした中から、特徴的だったことや重要そうな課題やニーズを付箋に書き出してもらいます。その中からコアな課題を見つけ出し、解決案(アイデア)を考えるベースをつくります。

解決案は「SWAP」のワークシートをもとに1人2案以上を作ってもらいました。簡単なスケッチと説明文を書いてもらいグループ内で共有し、お互いにプレゼンしてもらってグループでの1案を決めてもらいました。

この解決案(アイデア)の説明も独自に考えて、「意図 / Intention」と「要素 / Avatar」とで分けて考えてもらうようにしました。そうすると、アイデアの概要をすぐに共有しやすくなると思ったので。

  • 意図 /Intention: そのサービスの意図、ユーザーの目的について書く
  • 要素 /Avatar: そのサービスを構成する要素、インターフェースや環境を書く

最後に、グループごとに施策案を発表してもらいます。各グループでいろいろ施策を出してもらいグルーピングなどをし、グループ内で投票して1案を決めてもらう方式で進めました。グループごとに発表してもらい、無事に終えることができました。

まとめ

非常に短い時間でしたが、比較的スムーズに進めることができました。今回のワークショップで一番伝えたかったのは「インタビューして考えたアイデアは、インタビューした人だけの解決案ではないということ」です。

デザインスプリントという言葉を知らない人でも、こうした進め方に慣れてくれば、どういうインプットでどういうアウトプットができそうかが分かり、早い段階で問題解決のアイデアをつくる術が学べるという点もよかったと思います。

また、これまでにユーザーリサーチやインタビューをしたことがない人でも、実際にインタビューをしてもらったりしてユーザー視点を体験するので、デスクワークだけでは気づきにくい新たな気づきを得るなどの効用もあったかと思います。

参加者からも好評でしたので、今回のを糧にしてまた違う機会でも取り組んでみたいと思います。

日本のコミュニティ発足

今回のワークショップで利用した Service Design Sprints ですが、マスター認定をもらっている日本人どうしでコミュニティを発足しました。インフォバーンの井登さんハコスコの奥さんと一緒にこの活動を盛り上げていければと思います。

近いうちにイベント開催や勉強会兼ねたミートアップを予定しているので、このあたり興味・関心をお持ちの方は Facebook メッセでもかまわないのでご連絡ください。

sds-JP-masters


2nd book “IA/UX Practice” will finally launch

IA/UX PRACTICE / MOBILE INFORMATION ARCHITECTURE & UX DESIGN

単著として 2 冊目の本『IA/UXプラクティス』をボーンデジタルから発売することになりました。書店発売が 3/18 で、アマゾンなどのネット書店が 3/22 です。

2014 年のあの日から、2015 年にかけて慌ただしく時が流れていったのを覚えています。人にとって小さいことでも、自分にとってはとても大きなことだと痛感しました。あの日から、自分にとって何が重要かを真剣に考えるようになりました。

その時助けになったのが『小さなチーム、大きな仕事』という本です。Basecamp の創業物語ではありますが、自分が信じるものの強さやそれに取り組む姿勢が理解でき、その時の自分にとってとても刺激的な内容でした。

そして、2013 年の年末ごろから考えていたことを実践に移すカタチで、UX ツール『UX Recipe』の開発に乗り出すことになります。

ともかくも、2015 年から今回のお話を受けてようやく発売にこぎ着けたことに感慨深いものがあります。また、このような機会を暖かく見守っていただいた関係者の皆さまにもこの場を借りて感謝いたします。

さて、この本ですが 2014 年に書いたものを一部改訂し、2015 年に起こったさまざまな変化を IA や UX という文脈に載せて新たに書き加えたものです。何がどう変わったのかは、ぜひ手にとってご覧いただければと思います。立ち読みで後ろからパラパラめくるだけでもわかるかと思います。

付録には、グッドパッチの村越さん、ゼネラルアサヒの稲本さんからの寄稿とギルドの深津さんとのインタビューも再掲させていただきました。

書店での発売は、『UX Days Tokyo 2016』のカンファレンス当日と同じ 3/18 (金) ですので、忘れずに書店に立ち寄ってみてください。アマゾンではすでに予約を開始しています。今後、イベント・セミナーなどでも紹介させていただければと思います。

IAシンキング』を超えて、2年越しでようやくカタチにできた『IA/UXプラクティス』をどうぞよろしくお願いします。

関連記事

発売を記念して Facebook ページを作りましたので、興味ある方はリアクションしてみてください。


|   

Playback 2015

京都

2015年は、「Stayの1年」だったと思います。動いているようで動いていない。と同時に、これまでの積み上げが功を奏した年だったとも言えます。

4月に組織変更があり、新組織における自分の役割も見つめつつ、自分に求められていることを従順に進めてきた印象です。それはつまり今後のために充電期間だったようにも思えます。

ブログ

2014年19本だったこのブログの投稿は、2015年は計15本と少なかった印象です。ただし、Medium への投稿(英語)を2本できたことは昨年までなかった動きとして興味深いです。もっとも多く「いいね!」をもらったのは以下のエントリーでした。

講演

2014年の20本が、2015年は34本くらいしていたようです(外部講演のみ)。おかげさまで全国(仙台・金沢・福井・名古屋・福岡)を訪れる機会をいただきあっちこっち行った印象があります。

その中でも、改めて情報設計をテーマにした「small IA さみっちょ」や、三社合同勉強会の継続(計7回実施)、宣伝会議の講座が後半多かった印象です。またUXについてトークショーができたのも新しい経験でした。

  • Small IA さみっちょ #smallia
  • WCC合同勉強会「クリエイティブを考えるデザイン思考をつくるワークショプ」
  • 宣伝会議「コーポレートサイト一日講座」と「カスタマージャーニー基礎講座」
  • ソシオメディア主催UX戦略フォーラムのスポンサーセッション
  • UX Japan Forum 2015「Customer Journey Map Exercise」(福岡)
  • 名古屋大学リーディングプログラム企業メンター計6回(名古屋)
  • Members University「CJM x Paper Prototyping」(東京・仙台)

執筆

日本デザイン学会やヒューマンインターフェース学会への論文投稿をすることができました。また、広報会議に寄稿したものが書籍出版されました。日経SYSTEMでも寄稿しています。コーポレートサイトの考え方からUX、そしてジャーニーマップなどの手法について書くことができました。

  • ヒューマンインターフェースシンポジウム2015に論文投稿(研究発表)
  • 広報会議誌 デジタルPR実践入門に寄稿(発売済み)
  • 日経SYSTEMS 8月号 特集2に寄稿(発売済み)

仕事

前半は、UXツールの研究開発を並行したうえで、UIプロトタイピング設計やWebサイト設計の支援に携わることができました。そして、UXツール「UX Recipe」の登録開始をリリースすることができ、グループ会社といっしょに進めたワークショップを活かしたワークショップ型UXデザインサービスのローンチができました。後半は、大規模案件のリカバリーにも参加したのが記憶にあたらしいです。

プライベート

1月には、はじめて大相撲を見に行くことができました。また、家族の3Dフィギュアを作ったりもしましたね。4月に発売された Apple Watch も購入しましたね。

講演を機会に、日本全国をいろいろと回ることができたこともやはりイベントとして多かった印象です。夫婦で訪れた金沢や福岡、ひとり旅した会津など、もっとも思い出になったのは9月に人生はじめてハワイに行ったことですね。10月には大阪の専門学校のときの同窓会を開くこともできました。

あとは8月から続けた #sticky50 で、自分のイラストを描く楽しさが改めて実感することができました。

ニュース

2015年10月は、バック・トゥ・ザ・フューチャーの未来が現実になった日でした。世界中で盛り上がっていたのが記憶にあたらしいです。デザイン関連ではやはり、新国立競技場やエンブレムの問題が大きかったですね。デザインとは何か、模倣の定義やプロセスについて考えさせられました。政治関連では国会議事堂前のデモや大阪の橋下氏の政界引退、国際関連では、パリの同時多発テロなど事件や中国の大爆発、韓国との慰安婦問題も最後まで引きずっていたかと思います。明るいはずだった2020年オリンピックの話題が一斉に疑問符が飛ぶようなニュースが多かった印象です。

IA/UX界隈では、Design Sprint が流行り、UIプロトタイピングツールが脚光を浴びた年だったかと思います。一方でスタートアップ界隈では、ドローンからはじまりIoTやAIが米国を中心に盛り上がってきたという感じではないでしょうか。

映画

やはりつい先日観た「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が一番新しいのはそうなのですが、その前に観た「マッドマックス 怒りのデス・ロード」もすばらしかったですね。個人的によかったのが「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」や最後に観た「クリード チャンプを継ぐ男」です。なにか自己投影ではないですが、心に残った感じです。

  • スター・ウォーズ/フォースの覚醒
  • マッドマックス 怒りのデス・ロード
  • バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
  • クリード チャンプを継ぐ男

また、「ジュラシック・ワールド」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「007 スペクター」など大作を観ることができました。いずれも新宿東宝シネマが開館して4D上映が体験できたことがキッカケですね。試しに観た「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」ではヘトヘトになりました。

読書

読書はあまりしなかった印象ですが、よくよく考えてみると人にフォーカスされた本をよく読んでいた印象です。「ツイッター創業物語」や「イーロン・マスク 未来を創る男」「FAILING FAST マリッサ・メイヤーとヤフーの闘争」なんかはその例ですね。「ピクサー流 創造するちから」は分厚いので読むのが結構たいへんでしたが、非常に楽しく読むことができました。また「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由」は、これまでのデザインに対する意識やプロセスなどの棚卸しとして振り返りができた良書でした。

IA/UX界隈では、洋書を翻訳した「今日からはじめる情報設計」や「一人から始めるユーザーエクスペリエンス」があり、UIデザインに関するものがありました。

2016年

テーマは「行動」です。2015年に充電してきた事柄(主に、プロダクト開発と外部発信など)を積極的に自身の活動に結びつける動きにしていこうと思います。単純な積み上げではなく逆算して疾走する。

見えている活動としては以下のようなことが挙げられます。

  • UXツール「UX Recipe」(モバイルアプリ)の一般向け公開
  • UXデザインなど自身の考えを配信するメディア化の整備
  • 海外カンファレンスへの論文投稿・講演機会
  • 改訂版書籍の執筆と発売
  • プロダクト開発を主とした活動の本格化(環境づくり)

最後に「赤めだか」にある立川談志の言葉を引用しておきます。

現実は正解なんだ。時代が悪いの、世の中がおかしいと云ったところで仕方ない。現実は事実だ。そして現状を理解、分析してみろ。そこにはきっと、何故そうなったかという原因があるんだ。現状を認識して把握したら処理すりゃいいんだ。その行動を起こせない奴を俺の基準で馬鹿と云う。

2016年も、よろしくお願いします。


100枚の付箋と絵 #sticky50

sticky50 sketch book

人の二倍努力する」というのは、言うのは簡単ですが、なかなか実行できることではありません。ボクのように飽きやすい性格にとって長続きすること自体が稀なことです。それだけに、8月に開始した #sticky50 で50枚を達成した(毎日一枚付箋に絵を描く #sticky50)後、その二倍の100枚を本日達成することができました。

先の50枚では、ベタ塗りを基本に付箋を折ったりして遊んでいましたが、50枚以降は、純粋に絵を書いてみました。と言っても、ベタを極力なくし折ったりすることを封印したというだけですが。それだけにインパクトは少なかったように思いますが、自分の好き嫌いがまた改めてよくわかりました。

Follow Takashi Sakamoto’s board #sticky50 on Pinterest.

描く絵のスタイル変遷 (50~100)

#51 #52 はベタをなくすことを念頭に曲線を楽しみ、#53 #54 #55 #56 ではベタの代わりに花を描くことで微妙なグラデーションを狙っています。影絵みたいだという評価もうれしかったです。#57 は孔雀を描いて版画みたいになりました。#58 #59 はグラデーションを描いています。

#60 はバーでグラスが並んでいるのを見ていたら動物の鼻に見えてきて #61 が恐竜のシルエットで人の進化のように見せて版画にできないかと思い…これは完全に失敗作。#62 では自分の手をモチーフに手を使うことの重要性さを意識しています。#63 では猫を書こうと思っていたらハイヒールに見えてきたので、空想の産物になってしまっています。#64 はベタにしちゃっているので完全に自分に負けていますね…。#65 ではヒップホップ系に描いてみたり #66 は腕相撲なんですが「W」にも見えたのでポスターちっくですね。#67 で強そうに見えて実は強くない内面を表現しています。意外とこれは好きですね。

そして #68 では当時攻撃的な思いがあったのでそれを表現し、#69 ではソファで寝てしまった自分の姿を描いています。#70 は人魚を描こうと思っていたら歌い手のような感じになってしまいました。「ソプラノさん」というネーミングは自分でもお気に入りです。#71 は妻に猫背やねと言われたので猫背を描いてみたり、#72 はハロウィンだったと思うのですが、スリラーを思い出したのでマイケルジャクソンを描いていたら「Smooth Criminal」のシーンと間違えてしまっています。#73 人が続きすぎたので動物を書こうと猫を描いたのですが、取り組んでいたプロジェクトが三歩進んで二歩下がる状態だったのがわかります。前に進まない猫を描いています。

#74 は動物のナマケモノを描いていたんですが、途中から人にしても面白いと思い結局は人にしてはじめて重力を表現する髪を描いています。#75 では先に円を描いてそれに合わせて人にしてみました。案件がぐるぐる回っていたので堂々巡りを表現。#76 は執筆をしなければならなかったので天文学者をモチーフに、#77 では大忙しだったので、ケンタウロスで躍動感を表現してみました。

#78 何のために絵を描き続けているのか、という自問自答を小さな小さな目的のために大きなことをするクライマーを描いています。右手がおかしいところが失敗。#79 はダジャレですがはじめて女性を描いています。#80 は池袋の公園でよく見るフラフープおじさん、#81 はパリのテロがあった日ですね。遠いパリを思う自分を描いています。#82 は大相撲を見ていて関取を描いていたら、しゃがんでいるふつうの人になり、途中まで塗って充電中の表現にしてみました。#83 一歩ずつ進めるしかないのは仕事のタスクを示しているんですが、またベタにしているので自分に負けています。#84 このころはもう怒涛のプロジェクトで連日徹夜が続き本当に眠たかったのと #85 では夫婦揃って寝不足な状態に。#86 はもうなんだかよくわからんくなっていますね。描くときに曲線をテキトーに先に描いてそれに合わせて書いているのでやっぱり歪ですね。

#87 とにかく前に進めるしかない戦うしかない心情、#88 も風呂に入るにも心の油断ができない状態を、#89 フリンジの監視人をモチーフに、常に監視されているくらい気が休まらない状態を表しています。#90 もういっそそっちに飛び込むしかないことをスカイダイビングにして表現し、#91 でも水泳のスタートのように飛び込むことを表しています。

#92 はたしかドラマを見ていたと思います。これも直線を先に描き、それに合わせて女性を描いています。菜々緒っぽいですね。#93 は「007」を観た日に描いていますのでそのままです。#94 では直角を先に描いてご婦人にしてみました。#95 は真珠湾攻撃の日だったので宮﨑駿の映画「風立ちぬ」を思い出して描きました。

#96 は残りを意識して「◯◯神」みたいなものが描きたかったので縦の直線からインスピレーションを得て描き、#97 は縦ではなく横の直線から縁の下の力持ち的は表現を、#98 は斜線をインスピレーションに描いています。#99 で人の表現でガリガリしか描いていなかったので、デブも描いておこうと思い、最後の #100 は集大成的に、人・女性・曲線あたりを意識して「100」を髪の毛で描いています。

お気に入りの一枚

#sticky50 53/100 花鳥

Takashi Sakamotoさん(@bookslope)が投稿した写真 –

50枚以降での自分のベストは「#53 花鳥」ですかね。これを超える表現はなかなか作れなかったですね。3枚だけ続けて見るんですが、超えられなかったのでやめています。ヒューマンシリーズでは「#69 寝ると飛ぶは紙一重」がターニングポイントになったと思います。

総括

継続することが難しいというのはもちろんですが、むしろその時間を日々の生活の中で割くことの難しさが一番の大敵だと思います。仕事で行き詰まっているとき、やるべきことができていないとき、そんなときでもこの時間を割くことがはたして正しいのか、ほかにすべきことがあるとお叱りを受けるのではないか、そんなことも考えながら、むしろ行き詰まっているから、ほかにやるべきことがあるけどなかなかそこに行きつけないから続けていたように思います。

そんなこんなでようやく100枚です。この機会をくれた皆さんに感謝です。

ご覧になられた方ではどれが好きな一枚になったでしょうか。年末というのもあり一旦筆を置きますが、記念に製本サービスでも作ってみようかと思います。