Playback 2011

IAシンキング

昨年は Twitter の利用頻度が高かったため「ブログを更新できなかった」と書いていたが、今年はブログをいくつか更新できたし、Facebook での共有が Twitter より多かったと思う。ブログの「いいね!」数や Facebook での数など反響も徐々に大きくなってきた。社会情勢(震災など)もひっくるめて、「いろいろな影響を目にした2011年」でした。「2011年に「自分が何をしたいか」に尽きるわけですが……」ではじまるエントリーで述べたとおり、IAシンキングを軸にした活動に取り組めた1年でした。

講演 (Presentation)

  • 講演は全22回程度行なった (月2回ペース)。昨年は10回程度だったことを考えると倍以上増えた。
  • 書籍刊行記念やエイクエントさん主催などで、IAワークショップを全国で実施した。
  • 昨年に続き、桑沢デザイン研究所 (STRAMD) や自治体研修 (石川県) などでも講演した。

執筆 (Book, Article)

  • 3月末に自著本IAシンキング」が発売できた。
  • 技術評論社「Web Site Expert」の連載「IA/UX観点」が全20回 (2年半続いた) を終えた。

その他の活動

  • 外人ばかりのNCCカンファレンスでライトニングトークをしたのは新鮮だった。
  • 自治体サイト支援OpenUMプロジェクト」でサイト公開と連動イベントの開催ができた。
  • 自社他Gに対してIA/UX系の勉強会を実施した。
  • iPadアプリのUI設計などを経験できた。
  • NAVERまとめサイトでいくつかリンク集を作成した (ジョブボード、プロトタイピングツール)。
  • どっきり台湾ツアーに参加できたこと。

仕事の環境

  • iPad 2 購入、iPhone 4S に機種変した。
  • 会社の MacBook Pro を刷新し、外では MacBook Air でプレゼンするサイクルになった。

気になったアプリ

  • iPhoneアプリ「Instagram」が流行し「Path」はデザインの秀逸さで他社を圧倒した。

トレンド・キーワード

  • UX」というキーワードが改めて市場を賑わした。
  • ストーリーテリング」や「Lean UX」、また「ゲーミフィケーション」が印象に残った。
  • アップルの創設者である「スティーブ・ジョブズ」が亡くなった。
  • 個人的には「プロトタイピング」にフォーカスがあたった。

ということで、昨年と同じタイトルでエントリーを書いてみました。来年も「誰にもできないこと」「自分にしかできないこと」をしていきたいと思います。

2012年に向けて

来年は、IAシンキングの第二版と電子書籍版、中文版の発売 (未定)、World IA Day 2011 (東京開催) とOpenUMプロジェクトでのUM全文公開 (未定) からスタートしそうな勢いですが、Websig24/7の忘年会で話した2012年の抱負をまとめたプレゼンテーション資料を最後につけておきます。3つの活動を示す「あ・か・の」をPerfumeでまとめています (なぞ)。


“The Social Network” is Cool

The Social Network

ということで、映画「ソーシャル・ネットワーク」を観て来ました。個人的には、いろいろな意味で好きなほうだと思います。この映画は、世界最大のソーシャル・ネットワーク・サービス (SNS)「Facebook」の誕生をめぐる人間ドラマを描いた内容で、訴訟を軸に過去を振り返るようなストーリー展開でした。いろいろ考えてみたことを誰それに負けじと (なぞ) 書いてみます。それと関連する情報をいろいろと拾ったのでそれもつけておきます。

監督が「セブン」「ベンジャミン・バトン」で有名なデビッド・フィンチャー監督で、脚本が「シンドラーのリスト」などのアーロン・ソーキンということで、早くも今年のオスカー最有力作品になっているようです。サントラは「ナイン・インチ・ネイルズ」のトレント・レズナーで幽玄的な音で不安定なノイズが特長らしく、もうすでにiTunesからダウンロードできますね。

個人的な感想

2003年からストーリーが始まるわけですが、まだ7年前のことでFacebook自体も目の前にあることを考えると、この延長線上に今があり現在進行形という事実に驚きます。そしてそこからbillionaire (億万長者) になったことを考えるとこのスピード感が強烈だということがわかります。

ちなみに、この何十年も前に奇才スティーブ・ジョブズとビル・ゲイツのパーソナル・コンピュータの攻防戦 (?) があったわけですが、「アイデア」「盗む」というキーワードはその映画「バトル・オブ ・シリコンバレー」と「ソーシャル・ネットワーク」でも共通に思えました。

盗む」と書くとかなりネガティブに見えてしまうのですが、それも「競争のうち」ということなんでしょうか。「バトル・オブ・シリコンバレー」でのビル・ゲイツ役の印象と今回の映画のマーク・ザッカーバーグ役の印象はそれほど違いを感じませんでした。そういう意味でも「マーク・ザッカーバーグは次のビル・ゲイツだ」ということなんでしょうかね。

アイデアを創造する」と「創造を形にする」と「形を使う」という具合にタイプが分かれると考えればスッキリするのでしょうか。

そんなことを考えながら、人の欲求に向き合いそれを直接的にかつ最大限に引き出すことを考えている様は (大きな声では言えないけども) 何か忘れていたアプローチなような気がしてなりませんでした。人間的な部分では、最後の昔好きだった人に友達申請をしてリロードを繰り返しているシーンは哀愁漂う感じでよかったです。

反対に、個人的に訴訟自体があまり身近になかったことや大学のクラブやドラッグあたりも米国で暮らしたことがない自分には現実味がありませんでした。

関連する情報

ちなみに、この映画の主人公であるマーク・ザッカーバーグ本人はこの映画に対して「現実と同じなのは衣装だけ」と語っています。

また、出てくる台詞はインターネットの専門用語然り経営についての用語などもたくさん出てくるので、下記のサイトで予習しておくとわかりやすいと思います。

このポスターについても「The Man Who Fell To Earth (地球に落ちてきた男)」を模したデザインだそうです。

The Man Who Fell To Earth

そして、個人的にも気になったのがナップスターの創設者ショーン・パーカーのその後です。調べてみたところ、音楽ストリーミングサービス「Spotify」に投資をして米国進出を目指しているそうです。

書籍「THE ACCIDENTAL BILLIONAIRES」でショーン・パーカーは次のような熱いことを語っています。

シリコンバレーではビジネスではなく、戦争が起きている。そこで生き残るには、大学の教室でビジネスについて教えてくれるようなことをやっていてはダメだ。高校時代にナップスターを創業したから、そもそも、ショーンは大学にさえ行っていない。ビル・ゲイツだってハーバード大学を中退した。学校に行ったからといって、ここシリコンバレーで成功するというわけではない。時に、ダッフルバッグをひとつだけ背負い、ノートパソコンを手にして、ここシリコンバレーに来た者が成功してきたのだ

このあたり書籍のレビューを読んでいると、映画の内容とシンクロするので面白いですな。

最後に、前述のように、本書は創業者ザッカーバーグではなく、裏切られた親友サヴェリンの視点から主に語られているのには理由がある。筆者も明らかにしているように、本書の執筆に際しサヴェリンからは協力を得られたものの、ザッカーバーグには取材に応じてもらえなかったためだ。

ということだそうな。こちらも納得できますね。

映画の前日 (?) くらいに発売された「フェイスブック 若き天才の野望」という書籍も合わせて観ると理解が深まるかも知れませんね。

最後に、映画のエンドロールに翻訳監修として山田進太郎氏とTechDoll.jp三橋ゆか里さんの名前が表示されたのもなんだかうれしかったです。


Playback 2010

ブログを更新できなかった2010年

考えてみると、2010年はブログを更新していない。
その理由は単純で、Twitterを頻繁に利用するようになったからにほかならない。

1年前までは考えられなかったが、TwitterとFacebookの利用をはじめてからほとんどの隙間時間がそれで埋められている気がする。1日に平均何ツイートしているんだろうか。こんなスピードで情報を共有し合っているもんだから、じっくり腰をすえてブログを書く時間がなくなってしまった。

来年はブログを書く時間を作れるようにバランスよくいきたい。

2010年にしたこと

さて、2010年に個人的に活動したことを書いてみることにしよう。

講演

  • IA系セミナー・講座(一般法人向け)を実施
  • IA系企業研修(2社)を実施
  • Facebookセミナーをネットイヤーグループで実施
  • 桑沢デザイン研究所「STRAMD」でWebマーケティングの特別講義を実施
  • 地方でのIA系講演(高松・青森向け)ウェブ協会で実施

講演機会は格段に増えた。
ということで、プレゼン資料を「Presentations」というカテゴリに追加。

執筆

  • 技術評論社「Web Site Expert」の連載「IA/UX観点」2年目に突入
  • 書籍の執筆開始(2月下旬ごろ発売未定)

そういえば「Web creators」100記念号にも寄稿をしたな。
来年発売の書籍にはいろいろな意味で期待したい。

行動

  • UXリスボンに参加
  • Kindle・iPadの購入
  • Twitter利用からFacebook利用にシフト
  • Facebook関連で新たな人とのつながりができた
  • 行政関連の活動を支援
  • 関連会社と合同プロジェクトを推進

思えば、活動範囲が広がったというより変わってきたという感じかなあ。

2010年のトレンド

個人的には、2010年の目玉はやはり「Facebook」かなあ。

いくつかあげるとすると――

  • TwitterからFacebookへソーシャルネットワークという新たなプラットフォーム
  • iPadから発した「電子書籍」の激震
  • Android端末が勢揃い、スマートフォン旋風

とマスコミがいかにも書きそうなネタしか思いつかなかった。
意外とフラッシュマーケティングの代表格である「Groupon (グルーポン)」とか、ARやUstreamにはあまり関心がなかったな。iPhoneアプリの紹介をテレビで観たときには「変わったな」と思った。

ということで、大晦日なので書いてみました。
来年も「誰にもできないこと」「自分にしかできないこと」をしていきたいと思います。


What’s your profession?

ヤスヒサさんのブログ「怠っているのはわたしです」に書かれてあるとおり、いろいろな場面において「自分の本業」を見直すキッカケが多かったので、自分でも整理してみようと思う。もちろん、わたしは情報アーキテクチャを設計する立場として、会社や社会に貢献しているわけですが、自分自身のことは結構いい加減だったりします。

本業は「伝える」こと

まず、これからの自分のテーマは「伝える」です。「伝えるから伝わるへ」でもありませんが、まさに自分の本業は「伝えることを伝えやすくする」ことにほかなりません。「What」ではなく「How」に力点を置いているわけです。

前提は伝わらない

自分がワイヤーフレームを設計した際に、できあがるビジュアルデザインが考えているとおりにならないことがあるとします。そこで「なんでこうなるの?」という疑問が生まれるわけですが、そこで改めて気づくべきは、自分の頭の中にある「前提」が伝わっていないわけです。Wikipediaで調べてみると、

前提
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(ぜんてい)とは、ある物事が成り立つためにあらかじめ満たされていなければならない条件のことをいう。論理学・言語学では、いくつか異なった文脈で用いられる。

この「あらかじめ」「条件」という点で、軽視していた自分がいました。

UIにおけるキーワードの重要性

昨今の、UIで重要なのは「キーワード」です。利用者が想起するキーワード (もしくはその匂いのするキーワード) が、その画面にあるか・ないかですべては決まるとわたしは考えます。「いろいろ触ったらわかる」は、それ以前の問題で「触ろうとするか・しないか」はその「匂い」があるかどうかになります。したがって、わたしの設計方針は、そのキーワードをどう処理するかがすべての優先順位を上回ります。

とある案件で、ボクはこの大前提をデザイナーに伝えることができていませんでした。コミュニケーション上の問題もありますが、ここで改めて気づいたのは、わたしの中にある「前提」をきちんと伝えないとなにも伝わらないんだなということです。当たり前ではあるのですが、少なくともそのときは軽視していた自分がいました。なので、「考えるプロセス」ももっと多くアウトプットしていこうと思います。仕事上のパートナーにさえ「伝わっていない」ことは自分自身にとって非常に衝撃的でした。

インプットからアウトプットへ

ちょうど昨年の4月、四国お遍路を回っていたとき兵法書 (武経七書) をたくさん読んでいたのですが、今考えるとそのときの自分は「インプット」に力点を置いていたんだと思いました。いろいろなものに触れ、いろいろなものを吸収していました。今の自分はそのときとは反対に、「アウトプット」に力点を置き、積極的に動いています。ブログを再開したのもそうですし、mixiの日記も復帰しました。Twitterなどもそうですが、積極的に「アウトプット」をしています (オレなりに)。

まだ、書きたいことがあるのですが、次のエントリーで。


|