New book launch “IA/UX Practice”

IA/UXプラクティス

3/18 (金) に書籍『IA/UXプラクティス』が発売されました。

単著として 2 冊目の本ですが、予約開始直後から多くの方にご紹介いただき、とくに献本させていただいた方々のご紹介のおかげで、予約数も前著を大きく上回る結果となりました。本当にありがとうございます。

この本が示すテーマは、「情報アーキテクチャとUXデザイン」ということになりますが、過去を振り返って整理した部分と、これから考えなければならない部分とが混在しています。その中で、演習をカットして「よくある課題 (Practice)」に変更したのは、問題を解くことよりも問題を共有する段階に今はあるのではないかと考えたところにあります。

今回新たに書き下ろした第5章は、昨今のカスタマージャーニーマップに関する経験と課題をまとめています。付録につけた「UX Recipe の挑戦」まで読めば、今後求められるデザイン活動においてカスタマージャーニーの重要さとUXデザインのアプローチ(方向性)がなんとなくイメージできるかと思います。

この「なんとなく」が重要だと考えています。

すでに読んだ人の中には「内容が浅いのではないか?」「もっと具体的に知りたい」と思った方もおられると思いますが、知りたい内容や具体的にしたいことは読者ごとに違います。セミナー後のアンケートでも同様ですが、もっと進め方の詳細を知りたいと思う人や、もっと具体的な数字を知りたい人、説得材料がほしい人、巻き込み方を知りたい人、ツールの使い方を知りたい人などさまざまです。

これらは山積するサービスの課題とまったく同じです。個別に対応するのではなく、それらが指し示す本質的な課題はなにかを考えてみました。ボクはそれを「関係者との課題の共有不足」ではないかと解釈しました。そのため、この本はそうした課題を幅広く扱うカタチになっています。あとはそこからどう詳細に落とすか、どう具体的にするかは読者の置かれた環境の中で見出していただければと思っています。

本書が、そのキッカケづくりに貢献し関係者の共通言語となることを願います。そしてそれを広く共有していただければ、われわれのデザイン活動は大きく前進すると信じています。

IA/UXプラクティス』の発売を記念して各地でセミナーを企画しています。希望があれば Facebook でメッセいただければと思います。

最後に目次をざっと並べて見てみました。みなさんの課題のヒントは見つかったでしょうか?

目次

第1章 UXデザインのとらえ方

  • UXデザインとは
  • ユーザビリティとの違い
  • HCDプロセスの応用
  • リーンUXの原則
  • Practice: UXデザインをプロジェクトに入れるには?
  • コラム: リーンUXと品質の関係性

第2章:モバイルのUXデザイン

  • モバイルファーストの考え方
  • モバイルデザインのヒント
  • タッチ・ジェスチャーのインタラクション
  • 解像度とレスポンシブ対応
  • Practice: モバイルの役割を考えるには?
  • コラム: クロスチャネルにおけるデザイン

第3章:モバイルにおける情報アーキテクチャ

  • モバイルのIAパターン
  • 階層型
  • ハブ&スポーク型
  • マトリョーシカ型
  • タブビュー型
  • 弁当箱型
  • フィルタビュー型
  • 複雑なナビゲーションパターン
  • Practice: デザインパターンを活用するには?
  • コラム: 愛着を深めるマイクロインタラクション

第4章:問題解決としての情報アーキテクチャ

  • コンテンツ構造設計と優先順位
  • 検索パターンとナビゲーションの関係
  • プロトタイピングという可視化
  • デザイン原則
  • Practice: プロトタイピングツールの使い方とは?
  • コラム: サービスデザインという見方

第5章:UXジャーニーマップと可視化

  • ジャーニーマップの種類
  • シナリオの活用
  • 定量✕定性
  • UXマッピングツールの活用
  • Practice: カスタマージャーニーマップを活用するには?
  • コラム: カスタアマージャーニー分析

付録

  • アプリUIデザイナーからみたUX with 深津さん
  • ECサイトにおけるLPパターン by 稲本さん
  • 事業会社におけるUXデザインの取り組み by 村越さん
  • UX Recipeによる挑戦
  • UXデザインに関する書籍紹介

関連記事

発売を記念して Facebook ページを作りましたので、興味ある方はリアクションしてみてください。


|   

Piece of Service Design Sprints

Service Design Sprints のフレームワークを使って、試験的にワークショップを実施しました。

Service Design Sprints とは、リーン・スタートアップとサービスデザインを組み合わせたようなもので、4 日間で MVS (Minimum Viable Service) を得る手法です。Google Ventures の Design Sprint とは異なるものです。そのほか半日や 2 日間で行う Google Design Sprint もあります。

  • Service Design Sprints / 4日間 / 最小限のサービス (MVS) を得る
  • GV Design Sprint / 5日間 / 最小限のプロダクト (MVP) を得る

最終的に落とし込むのが、サービスかプロダクトかという点で違いがありますが、どちらもリーンスタートアップをベースにした短期間集中プログラムです。ちなみに、書籍は『サービス・スタートアップ』と『Sprint』が参考になります。

ワークショップ

今回のワークショップは、短い時間の中で Service Design Sprints を知ってもらうこと、体験を通してアイデア創出のヒントをつかんでもらうことを目的に取り組みました。

2時間だけだったこともあり、ワークの中から「Time Machine / Invoke your heroes / SWAP」の3つだけを取り出し、それぞれを約 20 分くらいで取りかかるというクレイジーなスケジュールで取り組みました。

  • Time Machine: 過去・現在・未来を調査する
  • Invoke your heroes: ヒーローにインタビュー
  • SWAP: たくさんアイデアを出す

Time Machine – 過去・現在・未来を調査する

ワークショップ風景

まず、グループごとに対象サービスを決めてもらいます。以下4つの中から選んでもらい、それぞれの過去・現在・未来を調査していきました。サービスの選定基準は参加者が利用したことのあるサービスとしてボクのほうであらかじめ用意しました。

  • コンビニ
  • 地下鉄
  • コーヒーショップ
  • スーパー

ワークブックでは「Yesterday / Today / Tomorrow」と書かれていましたが、いつの時代かで迷う人もいたので「起源 / 今 / SF」くらいの振れ幅で考えてもらうようにしました。過去を見つめ直してもらうことで、新しい未来を考えるキッカケにつながります。

そのあとに、それぞれの時間軸で「Learn / Use / Remember」を深掘りしてもらいました。これも「認知方法 / 利用方法 / リピート方法」という具合に、独自の解釈を加えて進めてもらいました。

Invoke your heroes – ヒーローにインタビュー

Invoke your heroes

実際のユーザーにインタビューをしてもらいます。この場合「Hero」とは「エクストリーム・ユーザー」を指します。今回は時間もなかったので以下 4 タイプから選んでもらうようにしました。

  • ヘビーユーザー(熱中しやすい人)
  • ギーク/テッキー(一日中スマホ触っているような人)
  • 臆病/慎重すぎる(何でも臆病になる人)
  • シニア(高齢者)

このタイプが1で決めたサービスにおいて、どう振る舞うのか(どんな人で、どんな行動をするのか)を付箋に書いてもらい「The Hero Profile」のワークシートに貼り付けてもらいました。

だいたいイメージが固まってきたあとに、実在する人にインタビューをしてもらいます。聞き手と書き手のペアで取り組んでもらうようにして、オフィス内で直接聞いてみたり、チャットやメッセで聞いたりしてもらいました。

インタビュー項目は、主にペルソナで使われる構成要素をベースに考えてもらいました。

  • プロフィール(性別・年齢・居住地・職業・家族構成など)
  • サービス利用(1で決めたサービスとの関わり方)
  • 価値観(性格やタイプ、なにを大事にしているかなど)
  • 課題や要望(どういう課題を持っているかなど)

SWAP – たくさんアイデアを出す

SWAP

インタビューで得たニーズや課題からアイデアを描いていきます。インタビューした中から、特徴的だったことや重要そうな課題やニーズを付箋に書き出してもらいます。その中からコアな課題を見つけ出し、解決案(アイデア)を考えるベースをつくります。

解決案は「SWAP」のワークシートをもとに1人2案以上を作ってもらいました。簡単なスケッチと説明文を書いてもらいグループ内で共有し、お互いにプレゼンしてもらってグループでの1案を決めてもらいました。

この解決案(アイデア)の説明も独自に考えて、「意図 / Intention」と「要素 / Avatar」とで分けて考えてもらうようにしました。そうすると、アイデアの概要をすぐに共有しやすくなると思ったので。

  • 意図 /Intention: そのサービスの意図、ユーザーの目的について書く
  • 要素 /Avatar: そのサービスを構成する要素、インターフェースや環境を書く

最後に、グループごとに施策案を発表してもらいます。各グループでいろいろ施策を出してもらいグルーピングなどをし、グループ内で投票して1案を決めてもらう方式で進めました。グループごとに発表してもらい、無事に終えることができました。

まとめ

非常に短い時間でしたが、比較的スムーズに進めることができました。今回のワークショップで一番伝えたかったのは「インタビューして考えたアイデアは、インタビューした人だけの解決案ではないということ」です。

デザインスプリントという言葉を知らない人でも、こうした進め方に慣れてくれば、どういうインプットでどういうアウトプットができそうかが分かり、早い段階で問題解決のアイデアをつくる術が学べるという点もよかったと思います。

また、これまでにユーザーリサーチやインタビューをしたことがない人でも、実際にインタビューをしてもらったりしてユーザー視点を体験するので、デスクワークだけでは気づきにくい新たな気づきを得るなどの効用もあったかと思います。

参加者からも好評でしたので、今回のを糧にしてまた違う機会でも取り組んでみたいと思います。

日本のコミュニティ発足

今回のワークショップで利用した Service Design Sprints ですが、マスター認定をもらっている日本人どうしでコミュニティを発足しました。インフォバーンの井登さんハコスコの奥さんと一緒にこの活動を盛り上げていければと思います。

近いうちにイベント開催や勉強会兼ねたミートアップを予定しているので、このあたり興味・関心をお持ちの方は Facebook メッセでもかまわないのでご連絡ください。

sds-JP-masters


2nd book “IA/UX Practice” will finally launch

IA/UX PRACTICE / MOBILE INFORMATION ARCHITECTURE & UX DESIGN

単著として 2 冊目の本『IA/UXプラクティス』をボーンデジタルから発売することになりました。書店発売が 3/18 で、アマゾンなどのネット書店が 3/22 です。

2014 年のあの日から、2015 年にかけて慌ただしく時が流れていったのを覚えています。人にとって小さいことでも、自分にとってはとても大きなことだと痛感しました。あの日から、自分にとって何が重要かを真剣に考えるようになりました。

その時助けになったのが『小さなチーム、大きな仕事』という本です。Basecamp の創業物語ではありますが、自分が信じるものの強さやそれに取り組む姿勢が理解でき、その時の自分にとってとても刺激的な内容でした。

そして、2013 年の年末ごろから考えていたことを実践に移すカタチで、UX ツール『UX Recipe』の開発に乗り出すことになります。

ともかくも、2015 年から今回のお話を受けてようやく発売にこぎ着けたことに感慨深いものがあります。また、このような機会を暖かく見守っていただいた関係者の皆さまにもこの場を借りて感謝いたします。

さて、この本ですが 2014 年に書いたものを一部改訂し、2015 年に起こったさまざまな変化を IA や UX という文脈に載せて新たに書き加えたものです。何がどう変わったのかは、ぜひ手にとってご覧いただければと思います。立ち読みで後ろからパラパラめくるだけでもわかるかと思います。

付録には、グッドパッチの村越さん、ゼネラルアサヒの稲本さんからの寄稿とギルドの深津さんとのインタビューも再掲させていただきました。

書店での発売は、『UX Days Tokyo 2016』のカンファレンス当日と同じ 3/18 (金) ですので、忘れずに書店に立ち寄ってみてください。アマゾンではすでに予約を開始しています。今後、イベント・セミナーなどでも紹介させていただければと思います。

IAシンキング』を超えて、2年越しでようやくカタチにできた『IA/UXプラクティス』をどうぞよろしくお願いします。

関連記事

発売を記念して Facebook ページを作りましたので、興味ある方はリアクションしてみてください。


|   

『モバイルIAシンキング』発売中止のお知らせとお詫び

先日発売されました書籍『モバイルIAシンキング』ですが、諸事情により発売を中止することになり、書店より回収することが決まりましたのでお知らせいたします。

また、書籍の発売と連動するイベント(東京・名古屋・大阪・福岡)についても中止が決まりましたので、重ねてお知らせいたします。

関係者のみなさまには、多大なるご迷惑をおかけしたことを深くお詫びいたします。

発売中止にともない、書籍に関連する情報については一部ご覧いただけない箇所がありますので、ご了承ください。


ebook edition launch “IA Thinking”

IA Thinking ebook edition

先週 (6/15 (金)) 、「IAシンキング」の電子書籍版 (PDF・EPUB) を発売することができました。

電子書籍」という言葉は最近では聞き慣れてきた感じがしますが、巷で聞く電子書籍のほとんどは「ただのPDF」だったりします。そのなかで「EPUB版」をリリースした背景には、わたし (著者)・出版社・編集者のチャレンジが関係してきます。

このリリースにあるとおり、「PDF版」と「EPUB版」の2つのフォーマットを書いていますが、検証外の付録としてKindleで読める「MOBI版」も同封しています。

電子書籍版の特典

  • 価格が本より安い(本の2980円の1000円引き)
  • フォーマットを2+1つ用意(PDF版・EPUB版 + MOBI版を同封)
  • コラム「クロスチャンネルにおけるUX」「さまざまなUXツール」の2本を追加
  • 付録として「ワークショップの進め方」を追加
  • 演習支援キット「ワークシート」のPDFを追加

この内容で本より安くしているのですから、電子書籍 (EPUB版) の試み自体が手探りな状況でこの値付けは大きなチャレンジです。出版社のワークスコーポレーションには本当に感謝しています。ありがとうございます。また、書籍と連動したFacebookページでも情報配信をしています。今後、演習ツールの解説など扱っていければと考えています。

電子書籍版化の経緯

書籍の初版が昨年の震災のあとの2011年3月でしたので、それから考えると約1年と3カ月後に電子書籍版ができたということになります。国内で同時期に発売した本のなかでは群を抜いて早いです。当初はもう少し早い段階での発売も予定していたのですが、編集に携わっていただいた宮崎さんのブログにも書かれているとおり、標準規格のない状態でさまざまなプラットフォームに〈うまく対応していくこと〉にかなりの時間がかかりました。

書籍のデザインを電子書籍にするのと、はじめから電子書籍のデザインを書籍にするのとは大きく異なります。今回は書籍のデザインを電子書籍化したため、さまざまな点で難しい面がありました。

この電子書籍化の話は、もともと本を出すときから考えていたのですが、「まずは本」「いずれは電子書籍」という順序で考えており、具体的には増刷が決まった今年の1月あたりから徐々にミーティングを増やして進めることになりました。はじめはもっとリッチなもの(たとえば、動画が各章ごとにあるとか)を考えていたりしたのですが、これもやはりプラットフォーム上の制約や違いを検証していくことで現在の状態に落ち着きました。

電子書籍版のメリットを活かす

どこかのコメントにもありましたが、本だと演習の題材がどんどん古くなっていくという問題もあり、こうした電子書籍版することで古い部分は新しい題材にアップデートしていくようにできればと考えています。いわゆる「スマートブック」ですか (なぞ)。カタチはどうなっていくかわかりませんが、これからもこうした実践をベースにナレッジの共有をしていければと考えています。

最後に、電子書籍版についての紹介ビデオを作りましたのでこちらもご覧ください。

IAシンキング電子書籍版の発売によせて from WORKS CORPORATION INC. on Vimeo.