Casual Journey Mapping for Web Directors #entermina

entermina opening

7月11日に、田口さん主催のセミナー・イベント「Webディレクター向けセミナーイベント vol.2 東京」に参加しました。前回のバレンタインデー企画で、たくさんチョコをもらったことが懐かしい感じですが、今回はゲスト出演というカタチで参加しました。エンターテイメント + セミナーでエンタミナ (#entermina) です。

登壇者の顔ぶれが豪華だったのはもちろんですが、昨年福井で登壇したメンバーとも重なり、開始前から大いに盛り上がったことに加えて、司会は前回同様C&Rの篠崎さんで、一日に8名の登壇者というフェスのような詰め混み具合にも関わらずスムーズに進行していただき、登壇者・関係者の熱量がハンパなく妙に心地よかったです。

講演「カジュアルジャーニーマッピング」

Casual Journey Mapping」というタイトルで、先月ベータ版の登録受付をリリースしたばかりの「UX Recipe」の紹介をさせていただきました。

前提となる課題の捉え方としては、ワークショップだけでは仕事は終わらないことを強調し、拡散と収束におけるデザイン思考プロセスのお話をしました。オンラインツールの有効性と比較に加えて、今回実現したかった体験を簡単なデモを交えてご紹介することができました。

Casual Journey Mapping for Web Director #entermina

ほかの登壇者の話を簡単ですが紹介したいと思います。

田口さん「企画や提案は自分のため」

主催者でもあるデスクトップワークス田口さんの講演は、「企画や提案は誰のためにするのか?」という問いについてお話いただきました。「クライアントやユーザーのため」という模範解答的な答えではなく、結局は誰が納得すればいいかを考えた場合、そこには「自分」しかいなかったというお話だったと思います。決して、自己主張が激しいという面ではなく、自分が納得するよう取り組む姿勢こそが提供する価値であり、そのために自分の頭で考えて自分の言葉で説明するスタイル(自分ゴト化)は、個人的にも素直に共感できました。

阿部さん「誰が言ったかが重要」

前回も登壇されたCPIエバンジェリスト阿部さんからは、自身が取り組んでいるCPIのマーケティング施策を紐解きながら、コンテンツ・マーケティングの具体例をお話をいただきました。「知る・評判・購入・口コミ」といったユーザーの行動パターンをもとに、どうすればユーザーがコンテンツに触れてもらえるのかをわかりやすく解説していただきました。ユーザー視点と企業視点でのブログ記事の書き方から実際の評価の違い、「誰が言ったかが重要」という点はまさにこのブログにも通じるものがあります。最後にLINEアカウント「cpi-line」の紹介がありました。

中尾さん「検索前に勝負は決まっている」

福井からゲスト登壇に駆けつけた中尾さんは、著書「Google Adwordsで集客・売上UPする方法」「儲かる検索キーワードの見つけ方講座」などでもご紹介していただいているリスティングと取り組み方についてお話いただきました。ザイアンスの法則をもとに、接触を増やす/接触回数を増やすことを念頭に、リスティングの成否は検索前に決まっている点を強調。そのためには、検索する人しない人という大枠「Living Activity」から、ターゲットの嗜好や行動パターンを考えることの重要さをお話いただきました。

松尾さん「共感を生むには感情が必要」

沈黙のWebマーケティング」という小説でもお馴染みWebライダー松尾さんの講演では、共感するコンテンツの作り方について自身で取り組まれたオウンドメディアの事例を交えてのお話をいただきました。共感してもらうためには「感情」がないとダメな点、ストーリーとは「物語(モノを語ること)」であること。思わず2つめのクイズで正解を出してしまったのですが (汗)、非常にリズミカルな講演でした。

今回、もっとも記憶に残ったのはこの松尾さんがお話されていた事例コンテンツにおける共感の生み方です。モノを購入してもらいたいサイトでは、そのモノの利点ではなく、そのモノに出会った背景に共感してもらうことが重要。これを図で示すと以下のようになり、行動シナリオで見ると購入前に力点が置かれていることがわかります。

購入者と未購入者との間にある共感を生む範囲

共感を生む範囲の図解

購入してもらいたい人(つまり未購入者)に対して共感を生むには(つまり同調できるのは)、購入前の経験でしかないということです。これは非常にわかりやすい例でした。あとはもうよく覚えていないですが (笑)、メラビアンの法則から言葉ではなく「外見や表情」から感情を伝えるアプローチとして「マンドリル」のキャラクター紹介でした。思わずLINEスタンプもゲットしたけど使うシーンが思い浮かばない…。

中村さん・高瀬さん・田口さん「最近執筆中の本」

Webディレクション協会としても取り組まれている中村さん高瀬さんからは、最近着手されている新刊についてお話いただきました。Webディレクターズマニュアルの購読者も多い今回の参加者からいくつか質問もありましたが、事例をもとにしたディレクター向けの本ということで、ボクも興味があります。

PM向けの本ならPMBOKやPMPの汎用的な活用に至るケースが多いと思いますが、話を聞いている限りだと事例や個別の対処についてのノウハウが満載なのではないかと期待しております。また、「Webディレクターは何から始めるか?」という問いで興味深かったのは、リサーチすることに加えてワイヤーフレームを書くとかも声にあがった点です。ここは個人的にも掘り下げてみたいなと思った話でした。トリオ漫才かと思わせる雰囲気で短い時間でしか面白かったです。

中川さん「エモーションとロジック」

アンティー・ファクトリー中川さんの講演は、自身のアートディレクターとしての価値観をベースにお話いただきました。興味深かったのが、モノだけでは伝わらない現代において、モノを含んだコトを伝えることの重要さです。その伝え方という点で「エモーションとロジック」について、感情に訴えるアプローチと論理的な説明などと組み合わせることできちんと伝えることができるということ。Apple Watch の CM 発売前・発売時・発売後の違いなどについてまさに動画をみたことで言葉の説明を超えて理解することができました。

ダニエル・カーネマン著「ファスト&スロー」から引用した「ファストシンキングとスローシンキング」についても同様に組み合わせることや使い分けについてのお話だったかと思います。最後に、ワクワクするためには、全てにリズムと抑揚、音楽をオペラのように奏でるような取り組む姿勢が必要ということでした。

パネルディスカッション

パネルディスカッションの前に、Schoo で田口さんの講座でもおなじみの若狭みなとさんも登場し、その間に登壇者がお揃いのTシャツで登場しパネルディスカッションをすることになりました。

その中で、いくつか質問があったかと思いますが、個人的には「最近気にしていること」や「これまでの失敗談」の話が一番印象に残りました。ボク自身でいえば、最近企画に携わったIOTがらみの案件で感じた「メーカー側に必要になるUX視点」で、そういう意味では「IOT」は一つのトピックになるというお話をしました。

また失敗談は、やはり聞きたいことと答えていることがすれ違っていたように思います。多分聞きたかったのは自身の失敗で、答えていたのはプロジェクトの失敗のような気がしました。そういうところでも伝え方について興味深く聞いておりました。

感想

第二回目ということで、第一回目に比べて進行もスムーズに (?) 遅れた感がありますが、参加者からのアンケートを見てみるとイベント自体にとても共感された方が多かったように思います。8人それぞれのメッセージに共通するもの、それは多分「相手を知り、己を知る」以外にないのかも知れません。テクニックや専門用語こそあれ、すべてに共通していたテーマだったように思います。

また、登壇者は皆「自分のメッセージに自信を持ち、だからこそ伝わる」ということにも改めて気づいた一日でした。

個人的には、やはり各人のお話をもう少しじっくり聞いてみたいところと、最後のディスカッションのようなカタチでもう少し各自の考え方や最近の活動について掘り下げられるとよかったかなと思いました。ボク自身はツールの紹介と淡白な内容でしたのでちょっと消化不良な感じがありました。また別の機会にもう少し語れるようなお話ができるようになりたいと思います。

「と、コラボ」特別編の告知

最後に、来月 C&R の「と、コラボ」特別編に『長谷川さんと坂本さんの「UXってなんなのさ」 (仮)』というトークショーイベントに参加するので、その告知をさせていただきました。#tocolabo

ギニュー特戦隊のポーズ

裏話的なものも数限りなくあるので、それはまた別のエントリーに書いておこうと思います。写真は、お揃い色違いTシャツで登壇者がギニュー特戦隊のポーズをしている風景です (笑)。


UX Recipe Beta Registration Begins

研究開発中のジャーニーマップを簡単に作成する「UX Recipe」のベータ版受付のページを公開しました! まずは皆さんに使っていただきご意見をいただきたいと思います。ぜひご登録をお願いします。

UX Recipe
UX Recipe – User Experience Journey Mapping Tool.
https://uxrecipeapp.com/

ジャーニーマップを作成する過程にはさまざまな課題があり、現在専用のオンラインツールも少ない状況です。専用ツールは高価なものが多く余計に敷居を高くしてしまった感があります。もっと気軽に簡単でいいのではないか、そういう思いでこのツールを企画しました。

また、日ごろ提案書や企画書であまり時間がかけられない中で作成しているカスタマージャーニーマップやシナリオはいつも一から作りなおしています。フォーマットもバラバラです。行動パターンの知識やジャーニーマップにおける思考プロセスも誰にも引き継げません。デジタル全盛期の時代にもっと効率よくできるのではないか、そういう思いもあり、作成したジャーニーマップは保存され共有でき、人が作ったジャーニーマップも二次利用ができるカタチにしました。

なお、カスタマージャーニーマップといっても専門家だけが使うものだけを想定したのではなく、日頃の行動パターンや生活において、ストーリーにすることで伝えやすくなったり共有しやすかったりする場合に使うことも想定しています。ビジュアルストーリーテリングと呼んでもいいかなと思っています。

UX Recipe とは

カードをつなげて自分のストーリーをつくるツールです。カードは、アクティビティ(行動)を表し、アイコンから選べるようになっています。それらを繋ぎあわせてシナリオ(ここではレシピと呼んでいます)を作ることができます。

画面イメージや操作については、動画をご覧ください。

a guide of ux recipe app video from bookslope on Vimeo.

  1. カードを選び、 ストーリー(レシピ)を作成できる
  2. 感情曲線を決定し、 構成要素を選ぶことができる
  3. みんなのレシピを使って、 効率よく作成できる
  4. 画像をエクスポートし、 企画書に使える

ベータコミュニティ

今回ご登録いただいた皆さんの中からベータコミュニティに関わっていただける方を募集したいと思います。募集については後日告知させていただきます。

先月から社内でもベータコミュニティをつくり意見交換を始めています。バグはもちろん使い勝手についてや、カードの種類について意見をいただいています。

まずは、皆さんにベータ版を使っていただき、さまざまなご意見をいただきながら、よりよい製品にしていければと考えています。

モバイルアプリ

先行してプロトタイピングをしていたモバイルアプリについても一般ローンチに向けて開発を進める予定です。日常の気付きを写真と合わせてカード化することができます。また、そのカードをWebアプリ側と連携することでジャーニーマップをより魅力的なものに変えていくことができます。

UX Recipe Mobile sync

ご協力いただいたパートナー

まだまだ走り始めではありますが、今回、このツールの構想 (妄想?) から構築まで自由に動ける環境をつくっていただいたネットイヤーグループをはじめ、さまざまなパートナーの皆さんにご協力いただきましたので、この場を借りてお礼を申し上げます。ありがとうございました。引き続き、正式版ローンチまでよろしくお願いします。

今後のお知らせ

UX Recipe についての最新情報やお知らせは、登録いただいた皆さんにメールでいち早くお知らせいたします。そのほか、このブログやソーシャルネットワークのほうでもお知らせしますので、ぜひチェックしてみてください。

まずは夏ごろに本ツールを使ったワークショップを企画していますので、こちらもぜひご参加ください。

それでは、UX Recipe をよろしくお願いします。

UX Recipe Logo Mark


これからのスマートフォンサイトを考える #WCCstudy

発表

3月12日、昨年から継続している同業三社(ネットイヤーグループメンバーズIMJ)による合同勉強会「Web Creators Circle」をネットイヤーグループ(東銀座)で開催しました。第五回目のテーマは「これからのスマートフォンサイト」です。今回も各社10名ほどが参加し計30名ほどが参加し、チームに分かれてティスカッションをして発表を行いました。

まずは、課題認識について共有していき理想像を話し合いました。チームごとに参加者のバックグラウンドも異なるためさまざまな意見が出ました。各社の取り組みの違いも垣間見れてととても興味深かったです。

個別には掘り下げられませんが、いくつか気になったポイントをご紹介します。

UXがキーワード

そもそもサイト中心ではなくユーザー中心、そういった考え方「UX」がキーワードとしてあがりました。「サービスデザイン」という言葉も出てきましたが、デジタルだけではなくマーケティング全体を見た場合、ユーザーの状況(場所や時間)をそもそも知る必要がある、ユーザー行動を知る重要性が前提とし話し合われました。

Webとしての役割

Webは(そうしたさまざまなマーケティングで見ると)入り口であること、そのため軽くて速いことが求められることが求められるという意見がありました。こうしたニーズはアプリにおいても同様に持ち上がりましたが、Webを通じて全てのデバイスをつなげる役割を担うこと(ポータル化? ハブ化?)といった意見がありました。デバイスごとの役割を考える場合に、Webの特性とアプリの特性とを考えることは重要です。アプリの場合には、生活の一部となりよりパーソナライズを意識して簡単に使えるものといった理想があげられていました。同じように思えてそれぞれの特性から役割を検討していくことは、これからも必要になってくる工程だと思います。

運用しない世界

また、違うチームでは、「ユーザーが幸せになる = お客さんが幸せになる」という図式を理想として、見た目より中身にこだわるUXファースト(コンテンツファースト)といったキーワードも出てきました。つまり、難しいUIについてのことよりも、中身であるコンテンツの価値を考えることが今後は増えていくという仮説です。とくに面白かったのは、運用視点でとらえたチームでは「運用しやすいこと = 運用をしない」という思想でクラウドサービスを活用したソリューションを検討されていました。そのようなプラットフォームを構築することで、エージェンシーごとの差やムダな調整をしなくて済むようにする考え方です。

言葉の理解

言葉の理解についても話し合われました。そもそもディレクション経験量による違いやバックグラウンドの違いという観点もありますが、バズワードとしての「UX」や「レスポンシブデザイン」などは担当者ごとに捉え方が違うで一人歩きしてしまう課題もあるということがわかりました。適しているか適していないかなどはリテラシーや経験値などによっても変わってきます。

ディスカッション

どのチームも、制作視点と機能視点をはじめに議論をしていき、最終的にはコンテンツの重要性、そこから生み出される価値について視点が移っていったと思います。スマートフォンと言ったときの印象も各人により異なり、機能としての理想、メディアとしての理想、人間としての理想などのレイヤーでディスカッションが昇華していった印象です。

発表時には、ピザをケータリングしてカジュアルな感じで行いそのまま懇親会としてざっくばらんな意見交換もすることができました。

次回は、IMJ社で行うことを企画し、他社も含めた特別イベントも企画しようと思います。

付箋


Learn basics of UX Design on CPI Fan Talknight #7

Workshop

2月25日、麹町にあるKDDIウェブコミュニケーションズのビルで開催された「UXデザインについて学ぼう!」CPI Fan☆トークナイト! vol.7 に登壇しました。CPI のパートナー向け無料セミナーということで、レンタルサーバーについての紹介やパートナーどうしのディスカッションも合わせて行いました。

ボクのセッションは「UXデザインについて学ぼう!」ということでしたので、UXデザインに必要となる考え方をお話し、具体的なツールとしてのジャーニーマップ、クロスチャネルやマルチデバイスにおけるデザイン上のポイントをご紹介しました。

ちなみに、その日が最終日だという藤田さんにお会いでき、講演後には神森さんにもお会いすることができました。また、会場には「沈黙のWebマーケティング」のボーン片桐の原寸大パネルにも見守られながら行うことができました。

Workshop Table

Presentation

ボクがはじめてIA(情報アーキテクチャ)を意識するようになったのは、ジョージ・ミラーが提唱した「マジカルナンバー7 (±2)」を論拠としたナビゲーションデザインにたいへん共感が持てたからです。人間の記憶に関することや心理について掘り下げることで、デザインの本質を理解することができ自分にも自信が持てるようになった背景があります。

また最近では、Webなどのプロダクトが如何にすばらしくても、そのプロダクトを利用するユーザー体験が必ずしもすばらしいものになるとは限りません。「Good UI は Good UX とイコールではない」ということをお話しています。

さらに、よい結果を生むためのUXデザインとは、問題発生後に迅速に対応することではなく、計画段階にあらかじめ問題を摘み取っておくことが大事だと考えます。そのための知識であり、そのために学習していくものだと思います。

そうした自分の考えや経験則を簡単にまとめたのが今回のテーマ「UXデザインについて学ぼう!」でした。いつものように3つの話に分解して進め、プロセス・シーン・レンズといったキーワードでお話しました。

プロセスは、ユーザーニーズから考えるステップが基本となり、最近ではユーザーのアクティビティを計画する際にジャーニーマップなどのアウトプットを行うことがあります。次に、ジャーニーマップから利用シーンを特定して、そのときの役割や使われ方を考えます。最後に、コンテンツの配信先には配信先の規格があり、そうした特性に合わせた提供が重要になる点をお話しました。

CPIの森下さんはじめ、西村さんや植木さんありがとうございました。
参加者の皆さんも平日の晩にも関わらずご参加いただき、ありがとうございました。

そして帰り際に、ワイヤーフレームが描けるノートをいただきました。

Notes


|   

Cross Media Conference 2015 in Nagoya

基調講演

2月19日、名古屋で「第2回 クロスメディアカンファレンス NAGOYA 2015」のセミナーで登壇しました。このイベントは、中部グラフィックコミュニケーションズ工業組合の主催で二回目となります。

著書『IAシンキング』を読んでいただいた方々からのオファーで実現したこのイベントは、これまで接点がなかった方々と出会う機会になりました。

いくつか気づいた点などを含めて書いておこうと思います。

顧客視点への転換によるこれからのマーケティング

基調講演には、関西学院大学の准教授でもある理央さんにご講演いただきました。タイトルは「顧客視点への転換によるこれからのマーケティング」です。その中で、非常にわかりやすかったことに「何を・誰に・どうやって、の順に考えること」があります。情報アーキテクチャの説明でもよく使う「コンテンツ・ユーザー・コンテクスト」と同じことを指しているため、はじめから興味深く聞くことができました。

  • 「何を」は、サービス企画をするうえで他社との差別化と独自化の違いについて
  • 「誰に」は、ユーザーのライフスタイルから価値観から行動につなげるヒント
  • 「どうやって」は、表現と媒体についての具体例

とくに表現では、顕在ニーズではなく潜在ニーズを探る重要さについてマトリクスでご説明いただきました。行動と深層心理に加えて「使う価値(利用価値)」を考えることは、ペルソナ・シナリオを考えるうえでももっとも重要です。

終始、大学の講義を受けているような雰囲気で、参加者とのやりとりもあり白熱教室ばりにとてもわかりやすい授業を受けることができました。理央さんの書籍『「なぜか売れる」の公式』もいただくことができたので、復習してみようかと思います。

IA視点のモノづくり

ボクのセッションはクロスメディアを企画する際のUX思考アプローチについてお話しました。参加者には印刷業界経験者の方も多いと聞いていたため、Web業界でのトレンドや考え方についてお話するとともに、そのためにはUXデザインが原点であり、そこから見えるクロスメディアの捉え方を共有することにしました。

いい製品でも、いい体験とは限らない」つまり「いいUIでも、いいUXとは限らない」ということは、自分では理解していることですが、Webに限らず印刷のデザインにも通じることなので、そこからお話するとともに、プロセスの重要性から紐解いてお話ししました。ユーザー行動をとらえることとは、ユーザーとサービスとの接点となるタッチポイントをデザインすることになります。そのためのデザイン作成には「モバイルデザインのヒント」にもあるような「コンテンツファースト」が参考になる点をお話しました。

ミニワークでは、当日のイベントを題材にし、ウェブページをつくる際の画面構成についてユーザー行動をもとにした情報設計を体験していただきました。こうしたワークでは自らアウトプットすることが重要であり、仕上がりのキレイさや絵の上手さではなく「論理的な思考をもって説明ができるか」ということが何より重要です。はじめてする方もいたようですが、積極的に取り組んでいただきとても活気のあるセミナーにすることができました。

ミニワーク

講演スライドは有料セミナーということもあり、参加者にのみ共有しています。

最後に

マーケティング」と一口に言っても、そこに潜むさまざまな事象とその捉え方には、話す人のバックグラウンド(経歴)が大きく関係してきます。とくにコンサルティングの立場で話すことと、実作業にともなう必要な知識には開きがあると思います。今回のカンファレンスは、同じことをさまざまな切り口で聞くことができ、最後に自分の言葉にすることができた「身につく」イベントセミナーになったのではないかと思います。

個人的には、いつもとは違う雰囲気で若干緊張していたのですが、主催の方々からの助言をふまえて、印刷業界からWeb業界に移った頃のお話からはじめることができたので、とてもいい状態でセミナーを進めることができました。

最初から最後まで、熱心にお話を聞いていただいた参加者の皆さん、そして信頼していただき自由にセミナーをさせていただいた関係者の皆さん、あと名古屋でお世話になった方々、ありがとうございました。また、名古屋に行ける日を楽しみにしています。

主催の川原さんのブログ

Cross Media Planning