Learn basics of UX Design on CPI Fan Talknight #7

Workshop

2月25日、麹町にあるKDDIウェブコミュニケーションズのビルで開催された「UXデザインについて学ぼう!」CPI Fan☆トークナイト! vol.7 に登壇しました。CPI のパートナー向け無料セミナーということで、レンタルサーバーについての紹介やパートナーどうしのディスカッションも合わせて行いました。

ボクのセッションは「UXデザインについて学ぼう!」ということでしたので、UXデザインに必要となる考え方をお話し、具体的なツールとしてのジャーニーマップ、クロスチャネルやマルチデバイスにおけるデザイン上のポイントをご紹介しました。

ちなみに、その日が最終日だという藤田さんにお会いでき、講演後には神森さんにもお会いすることができました。また、会場には「沈黙のWebマーケティング」のボーン片桐の原寸大パネルにも見守られながら行うことができました。

Workshop Table

Presentation

ボクがはじめてIA(情報アーキテクチャ)を意識するようになったのは、ジョージ・ミラーが提唱した「マジカルナンバー7 (±2)」を論拠としたナビゲーションデザインにたいへん共感が持てたからです。人間の記憶に関することや心理について掘り下げることで、デザインの本質を理解することができ自分にも自信が持てるようになった背景があります。

また最近では、Webなどのプロダクトが如何にすばらしくても、そのプロダクトを利用するユーザー体験が必ずしもすばらしいものになるとは限りません。「Good UI は Good UX とイコールではない」ということをお話しています。

さらに、よい結果を生むためのUXデザインとは、問題発生後に迅速に対応することではなく、計画段階にあらかじめ問題を摘み取っておくことが大事だと考えます。そのための知識であり、そのために学習していくものだと思います。

そうした自分の考えや経験則を簡単にまとめたのが今回のテーマ「UXデザインについて学ぼう!」でした。いつものように3つの話に分解して進め、プロセス・シーン・レンズといったキーワードでお話しました。

プロセスは、ユーザーニーズから考えるステップが基本となり、最近ではユーザーのアクティビティを計画する際にジャーニーマップなどのアウトプットを行うことがあります。次に、ジャーニーマップから利用シーンを特定して、そのときの役割や使われ方を考えます。最後に、コンテンツの配信先には配信先の規格があり、そうした特性に合わせた提供が重要になる点をお話しました。

CPIの森下さんはじめ、西村さんや植木さんありがとうございました。
参加者の皆さんも平日の晩にも関わらずご参加いただき、ありがとうございました。

そして帰り際に、ワイヤーフレームが描けるノートをいただきました。

Notes


|   

Cross Media Conference 2015 in Nagoya

基調講演

2月19日、名古屋で「第2回 クロスメディアカンファレンス NAGOYA 2015」のセミナーで登壇しました。このイベントは、中部グラフィックコミュニケーションズ工業組合の主催で二回目となります。

著書『IAシンキング』を読んでいただいた方々からのオファーで実現したこのイベントは、これまで接点がなかった方々と出会う機会になりました。

いくつか気づいた点などを含めて書いておこうと思います。

顧客視点への転換によるこれからのマーケティング

基調講演には、関西学院大学の准教授でもある理央さんにご講演いただきました。タイトルは「顧客視点への転換によるこれからのマーケティング」です。その中で、非常にわかりやすかったことに「何を・誰に・どうやって、の順に考えること」があります。情報アーキテクチャの説明でもよく使う「コンテンツ・ユーザー・コンテクスト」と同じことを指しているため、はじめから興味深く聞くことができました。

  • 「何を」は、サービス企画をするうえで他社との差別化と独自化の違いについて
  • 「誰に」は、ユーザーのライフスタイルから価値観から行動につなげるヒント
  • 「どうやって」は、表現と媒体についての具体例

とくに表現では、顕在ニーズではなく潜在ニーズを探る重要さについてマトリクスでご説明いただきました。行動と深層心理に加えて「使う価値(利用価値)」を考えることは、ペルソナ・シナリオを考えるうえでももっとも重要です。

終始、大学の講義を受けているような雰囲気で、参加者とのやりとりもあり白熱教室ばりにとてもわかりやすい授業を受けることができました。理央さんの書籍『「なぜか売れる」の公式』もいただくことができたので、復習してみようかと思います。

IA視点のモノづくり

ボクのセッションはクロスメディアを企画する際のUX思考アプローチについてお話しました。参加者には印刷業界経験者の方も多いと聞いていたため、Web業界でのトレンドや考え方についてお話するとともに、そのためにはUXデザインが原点であり、そこから見えるクロスメディアの捉え方を共有することにしました。

いい製品でも、いい体験とは限らない」つまり「いいUIでも、いいUXとは限らない」ということは、自分では理解していることですが、Webに限らず印刷のデザインにも通じることなので、そこからお話するとともに、プロセスの重要性から紐解いてお話ししました。ユーザー行動をとらえることとは、ユーザーとサービスとの接点となるタッチポイントをデザインすることになります。そのためのデザイン作成には「モバイルデザインのヒント」にもあるような「コンテンツファースト」が参考になる点をお話しました。

ミニワークでは、当日のイベントを題材にし、ウェブページをつくる際の画面構成についてユーザー行動をもとにした情報設計を体験していただきました。こうしたワークでは自らアウトプットすることが重要であり、仕上がりのキレイさや絵の上手さではなく「論理的な思考をもって説明ができるか」ということが何より重要です。はじめてする方もいたようですが、積極的に取り組んでいただきとても活気のあるセミナーにすることができました。

ミニワーク

講演スライドは有料セミナーということもあり、参加者にのみ共有しています。

最後に

マーケティング」と一口に言っても、そこに潜むさまざまな事象とその捉え方には、話す人のバックグラウンド(経歴)が大きく関係してきます。とくにコンサルティングの立場で話すことと、実作業にともなう必要な知識には開きがあると思います。今回のカンファレンスは、同じことをさまざまな切り口で聞くことができ、最後に自分の言葉にすることができた「身につく」イベントセミナーになったのではないかと思います。

個人的には、いつもとは違う雰囲気で若干緊張していたのですが、主催の方々からの助言をふまえて、印刷業界からWeb業界に移った頃のお話からはじめることができたので、とてもいい状態でセミナーを進めることができました。

最初から最後まで、熱心にお話を聞いていただいた参加者の皆さん、そして信頼していただき自由にセミナーをさせていただいた関係者の皆さん、あと名古屋でお世話になった方々、ありがとうございました。また、名古屋に行ける日を楽しみにしています。

主催の川原さんのブログ

Cross Media Planning


UX Approach in Valentine’s Day #dtw2015

集合写真

今年のバレンタインデーは記憶に残る一日になりました。人生ではじめてたくさんのチョコをいただきました。その日が誕生日でもあった田口さんプレゼンツのセミナーイベント「Webディレクター向けセミナーイベント vol.1 東京」に参加できたことに感謝です。

昨年、セミナーイベントでの登壇を控えていたこともあり、改めて自分に何が話せるのかなどを事前に彼とも相談しておりましたが、結果としては現在進行中のUXマッピングにヒントを得るアプローチをお話しました。プレゼンスライドは Slideshare にて公開しています。

当日 (2/14) はバレンタインデーということで、表紙には Chocolate Hills の写真を使い、1876年にはグラハム・ベルが電話の特許を出願した日でもあるということで、プロフィール写真に彼の写真を使いました。(スライド公開時に修正済み)

彼の名言に次のようなものがあります。

ときには踏みならされた道を離れ、森の中へ入ってみなさい。そこではきっと、あなたがこれまでに見たことがない、何か新しいものを見出すに違いありません。

今回の登壇は、実はギリギリまで迷っていたのですが、この言葉どおり新たな機会として受け入れることができ、結果としてはすばらしい出会いと自分の考えに自信が持てるいい機会につながりました。本当にありがとうございます。

講演

講演は、20分ということで時間が短めでしたので、メッセージを絞り3つのお話をしました。

3つのお話とは、接点はひとつ、流れを理解する、可視化する です。企画・提案におけるアプローチがテーマでしたので自分の考えるアプローチとして、対象の捉え方から理解の仕方、そしてその可視化という順番にお話しました。

キーワードは「Insight (洞察)」です。顧客も然りクライアントも然りです。これ抜きには語れないのが企画であり提案だと考えます。スライドにも書いた「クライアントといっしょに顧客のインサイトを見つけること」は、どの立場であってもそうあるべきだと思います。逆に、そうならない状態が続けばさまざまな問題を引き起こす原因につながりかねないと思います。

まず、対象の捉え方として「Webサイト」という情報の建造物を相手にしない。対象はあくまでランディングページ単体で捉える考え方を話しました。ランディングページ基点で捉えることで、情報の建造物との格闘をしなくて済みます。それでいてその目的や効果を明確にし、ユーザー体験における1つの機能(ファンクション)として捉えることができます。

次に、理解の仕方として、膨大な情報を正確に把握し理解していくのではなく、まずストーリーを作ることをお話をしました。膨大なインプットデータから何ができるのかを考えるのではなく、ストーリーを作るうえで必要なデータは何なのかを考えます。そうすることで、必要不可欠なデータを自ら把握し、なければどうすればよいかなど能動的に取り組むことができます。

最後に、そのストーリーを可視化する方法としてジャーニーマップをお話しました。ユーザー行動を情報(文字)にして可視化すると膨大になります。そこで、フレームワークとしていくつかの項目で分類し、それらを要約するステップを踏むことで、その場の状況(例えば利用シーン)を理解して企画・提案につなげます。

「Insight」を引き合いに出したのは、複雑で膨大な情報と格闘するのではなく、企画や提案であれば相手(クライアント)に共感してもらうことが優先されるはずですので、共感の生み方として「UX」つまりユーザー体験を基にした思考のアプローチをお話しました。

ほかの登壇者の話

高瀬さん「凡人のための論理設計アプローチ」

フリーランスで schoo の講座でも活躍されている高瀬さんからは、天才と凡人の捉え方の違いやイメージと言語における認識の違いなどの考察が興味深かったです。彼曰く「論理アプローチは、凡人が戦うための武器だ」という力強いメッセージが印象に残りました。途中、お客さんを巻き込んだテスト (?) がうまくいかなかったみたいですが、情報の可視化と認知のされ方については、ボクもこれまでに扱っているテーマ(情報設計や認知心理)にも共通する点があったので面白かったです。

阿部さん「売上をあげるマーケティング施策 エバンジェリスト活動について」

KDDIウェブコミュニケーションズのエバンジェリストでCPIスタッフブログでも活躍されている阿部さんからは、自らの経験から自社ブログでのマーケティング施策について具体的なお話をいただきました。ネットの原則 (?) にある「言う人により印象が異なる」という例は、非常にわかりやすかったです。自身の活動を売上などでの効果として見ていくアプローチは非常に大切なことだと痛感しました。それだけに、後半はもう少し時間があればよかったなという印象でした。直前までスライドを調整していた姿が印象に残ります。

売上をあげるマーケティング施策 エバンジェリスト活動について

中尾さん「絶対に売上を上げたい気持ちがそこにある」

福井から駆けつけていただいたリスティングプレイヤーの中尾さんからは、著書「Google AdWordsで集客・売上をアップする方法」からリスティング広告についての具体的な仕事の進め方やアプローチをご紹介いただきました。前半は福井か嫁自慢かといった非常に柔らかい話題から、後半はキーワードの可能性と友好度などについて語り、シナリオ作りのアプローチなどはボクのテーマとも重なる部分があり説得力を感じました。

中村さん「プロフェッショナル・テクニック」

日本ディレクション協会の代表で著書「現場のプロが教えるWebディレクションの最新常識」も執筆し活躍されている中村さんからは、プレゼンテーションにおけるテクニックをお話いただきました。彼曰く「プレゼンとは、アクションを起こしてもらうため」という見方は非常に説得力があり共感できました。また、提案時に課題を構造化する手法などは、まさにボクもいつも考えているアプローチと同じですし、課題解決におけるそうした情報アーキテクチャの視点は非常に有効だと改めて感じました。後半のプレゼンにおけるキャラ設定や演出についての話は、彼自身のプレゼンを見ればよくよく理解できる内容でした。

田口さん「タイトル不明」

イベントの主催でもあり、この日が誕生日でもあった田口さんからは、彼自身の考え方や実践方法について実際の事例をもとにお話いただきました。その中で「間」の大切さや真似るところからはじまる彼の実体験がたいへん面白かったです。後半は事例として、花見や葬儀関連におけるコンテンツマーケティングのお話と、企画段階での社員とのコミュニケーションについてご紹介いただきました。彼と彼をとりまく環境でのブレークスルーを追体験できる内容で、参加者も熱心に聞いていたのが印象に残りました。

schoo との連動配信

最後に、schoo での放送も連動させた質問コーナーでは、いろいろな方からの質問を登壇者全員が答える形式で、真面目な質問から思わず笑いが起こる質問まで、司会の篠崎さん(C&R)の絶妙なハンドリングで進行していくことができました。以下から雰囲気が読み取れるかと思います。現在録画配信準備中のようです。

【イベント生中継】個性派プレゼンターからヒントを盗め! 企画&提案アプローチの極意

バレンタインチョコでの投票

一番印象に残った登壇者にチョコで参加者が投票するという企画があり、登壇者はどれが自分の箱かを選ぶという内容でした。幸いにも登壇後の反応がよかったこともあったので、自ら多めにチョコが入った箱を選択したところ、登壇者全員自分の箱を当ててしまうという結果 (珍事) になり、最後の最後で本当にうれしいサプライズをいただくことができました。

まとめ

非常に濃い1日でした。朝早くからリハーサルのために登壇者も全員集合し、田口さん手作りの開演時の映像を皆で爆笑し、開演直前にマシントラブルでその映像が中断してしまい、絶妙のつなぎで篠崎さんが回避する一幕。思わず「あれがすべてだった」と言ってもいいくらいの雰囲気で、主催の田口さんの熱心さやパーソナリティに共感するイベント全体の一体感は非常に心地よかったです。

また、最近発売された書籍「沈黙のWebマーケティング -Webマーケッター ボーンの逆襲」が絶好調のウェブライダーこと松尾さんからはビデオレターもあり、名作「恋するSEO」に負けず劣らずの一芸で全員爆笑。

はじめにも書いたとおり「記憶に残る一日」になったとさ。

Happy Valentain


UXマッピングツールの研究開発

2014年の前半にあの書籍が回収されたニュースは、自分自身の行き場を見失う絶好の機会でした。そこから内に引きこもり、いろいろなものが思うように行かない時間を過ごしました。

そこから自分自身を棚卸し見えてきたものが「自分の道具を作る」でした。今年のテーマは「ゴールドラッシュでは、つるはしを売れ」です。その第一弾が、この「UXマッピングツール」の研究開発です。

課題

たとえば、エスノグラフィ調査(オブザベーション)では、写真とメモとが別々に管理されている課題があります。また、ワークショップではポストイットを多く使用します。

2014年に3M Companyから発売された「Post-It Plus」アプリでは、ポストイットをデジタルで管理できます。ただし、ディスカッション結果を残すことはできますが、清書する必要があります。

オンラインツール「InVision」などのチャット機能では、対象プロダクトの忠実度や利用者の知識量の差が出て、うまく活用することは難しいと思います。

observation and workshop

Service Design Tools?

2014年に開催したService Design Global Conference 2014で、「Experience fellow (myService fellow)」のトライアウト版を開発者は配布しました。また、ペルソナ作成やステークホルダーマップまで作成できる「smaply」は、マッピングツールの代表格だと思います。しかし、ユーザーは何をしたらいいのかわからない、という課題を持っています。

この課題は「Touchpoint Dashboard」と同じ過ちを繰り返しています。空欄を埋めなければ完成しないツールは、クールではありません。

Experience fellow

smaply

Touchpoint Dashboard

DMP Tools?

Salesforce Marketing Cloud」は、米国では豊富に使える機能がありますが、日本では機能は多くありません。これは、メールマーケティングツール (CRMツール) のようなものです。このツールには「Journey Builder」という機能がありますが、機能過多で使いにくいです。「Responsys」もそうでしたが、システムフロー作成ツールに似ています。

Salesforce Marketing Cloud

研究開発

これらの課題に対応するツールとして、簡単にジャーニーマップを作成する「UX Recipe (仮称)」を企画しました。コンセプトは、ユーザー行動 (アクティビティ) を第一に考えて、カードを組み合わせて、簡単にジャニーマップを作成できるツールです。

作成したジャーニーマップは共有できます。また、カード (アクティビティ) の追加作成ができます。増え続けるタッチポイントにすばやく対応し、新しいジャーニーマップを作成することができます。屋外では、モバイルアプリを利用することで、ウェブアプリと連携することができます。

UX Recipe UI Sample

このプロジェクトは、昨年からネットイヤーグループの協力のもと、研究開発としてプロジェクトを開始しています。今年の春ごろには限定版をリリースできる予定です。

最新ニュースや詳細は、アナウンスしていきます。

※Medium に英文で投稿した記事「R&D of UX mapping tools」の日本語版です。


Playback 2014

2014年の風景

2014年は、「我慢の年」だったと思います。公私共にたいへん難しい時期でした。

前半に執筆を終えた書籍が回収となり、予定していたいろいろな方とお会いする機会をすべて失うことになりました。また、それと連動するように仕事面で変化を期待していたことが難しくなりました。前半は書籍まわりで後半は仕事面で思うように進めることができなかった一年だったと思います。

ブログ

去年10本未満だったブログの投稿は、今年は計19本書くことができました。記憶に残っているエントリーは以下があります。一応は書こうとしていた姿勢が伺えます。

講演

講演は、社外で20本程度、社内でも勉強会やワークショップを開催したのが5本程度くらいでしょうか。後半はオープンなものはなくクローズドなものがいくつかありましたが意外と数はあったようですね。学会向けや企業研修などにも取り組む機会をいただきました。

執筆

書籍以外では、とくに執筆関連の取り組みはありませんでした。強いて言えば、日本デザイン学会への論文投稿くらいですね。あとは年末のタイミングでお話をいただいた、広報会議3月号の執筆が控えています。

  • 日本デザイン学会 第61回 春季研究発表大会への論文投稿
  • 広報会議3月号の執筆

仕事

大規模案件への関わりは減り、UX関連での新規営業およびプランニングが主になっていたかと思います。また、いくつかの重要な社内プロジェクトへの関与がありました。社内でもワークショップを開催したり、ハッカソンなどを実施してはまとめるを繰り返していた時期もありました。とくに後半は、某プロジェクトの計画実施に向けて一心不乱に取り組んだ時期でもありました。

あとは、WCC合同勉強会を計画して、メンバーズ・IMJとで同業三社による勉強会を計4回実施することができました。

プライベート

1月から2月はダイエットをしていました。そして、ここで書けることは実は少ないのですが、引っ越しをして改めて新宿区民となり、親戚 (甥) の結婚式に参加することができました。また、6月には夫婦で出雲大社に行き、夏には猿島にBBQに行ったりもしました。

一番印象に残っているのは、9月の札幌での講演に合わせて夫婦で北海道の札幌・千歳、函館に行けたことです。北海道は小学生の低学年に千歳に住んでいたので、約20年ぶりのことでした。また行きたいです。

ニュース

やはりアップルの発表が数多くあった気がします。iPhone 6 Plus の発表や iPad Air 2、ようやくお披露目された Apple Watch、Mac OS のデザインが刷新された Yosemite のリリースまで。Webサイトがスマホ対応したことも記憶に新しいですね。

あとは、世界中が応援し涙したソチ五輪での浅田真央選手の有終の美や、あんだけマスコミが煽ったあげく1勝もできなかったワールドカップサッカー、テニスの錦織選手の躍進はすごかったですね。結構スポーツ系が多かった気がします。STAP細胞はありますの小保方さんやAKB48大島優子の引退などなどいろいろありましたね。

IA/UX界隈では、米国金融大手キャピタル・ワンが、UX老舗のAdaptive Path社を買収したことがビックニュースだったんではないでしょうか。

映画

個人的には自分の状況と重ねて観ることができた「LIFE! The Secret Life of Walter Mitty」がよかったです。あと「るろうに剣心」の二作連続上映では、関連するドキュメント番組含めていろいろ見た記憶があります。大友啓史監督のいう「熱量」という言葉が印象的でした。

あと、トム・クルーズの「EDGE OF TOMORROW」も面白かったですね。最後の最後に「Interstellar」と「BAYMAX – Big Hero 6」が今年の記憶に残る映画だったと思います。

読書

内にこもっていたこともあり、読書はこれまでになくしていたと思います。とくに「シリアルイノベーター」から「クリエイティブ・マインドセット」を経て「ZERO to ONE」は、流れ的にもちょうどよかったです。

IA界隈でも、頻繁に書籍が発売されていて「Reframing」を感じる一年だったように思います。

アプリ

Prott に代表されるUIプロトタイピング系はひととおり試していた記憶があります。あとストーリーテリング系ですね。Medium はあまりいい印象がないのですが、StorehouseStellerReadymag あたりは個人的にはヒットでした。

あとは、Sketch が普及した (?) ことが大きかったのではないでしょうか。Mac OS の Yosemite がリリースしたことで、Evernote がUIを刷新したのも記憶に新しい感じがします。

2015年に向けて

ようやく動き始めた某プロジェクトを推進していくとともに、これまで負として (陰として?) 内にこもっていたパワーを外向けに発信していこうと思います。これまで自分ではなかなか自信を持てなかった自分自身のアイデアですが、ひとつのカタチとして育てていけることができる気がしています。別の投稿でそのあたりはご紹介していこうと思います。

来年も、誰にもできない自分しかできないことをモットーに取り組んでいきたいと思います。