Playback 2016

mt.fuji

2016年は、漢字一文字で表すと「」が当てはまる一年でした。なにか継続して取り組んでいる、そんな姿勢の表れが端々に出ていた一年だったかと思います。本の出版も然り仕事も然りで、毎日続けること、継続する取り組みをいくつかできたのではないかと思います。

ブログ

2015年個人ブログで15本書いていましたが、2016年は個人ブログの投稿8本、会社ブログ5本、メディア1本なので少なかったですね。そのうち、もっとも多く「いいね!」をもらったのは以下のエントリーでした。来年はもっと多く書こうと思います。

あとは、「g.o.a.t ブログ」で自由律短歌や俳句を写真と合わせて書き綴ることにチャレンジし、日常の出来事を「LINEブログ」に書いたりしてみました。

講演

2015年34本でしたが、今回はその倍にあたる62本だったようです。毎月5本以上なので毎週末(それ以上)やってたことになりますね (汗)。はじめて訪れた場所(長野・甲府・神戸・松山・沖縄などなど)にもお呼びいただき、とても充実した旅ができたのも印象的です。たまにお会いする方に「今どちらにおられるんですか?」と聞かれるくらいでした。

内容のほとんどは書籍『IA/UXプラクティス』の発売がキッカケでしたので、同じ地域(名古屋や大阪)に何度もお邪魔させていただくこともありました。ありがとうございました。

  • CSS Nite(After Dark 含む)
  • 宣伝会議(3つの講座)
  • HCD-Net 関西、Xデザイン学校
  • WCAN 2016 Winter
  • JEITA ソフトウェアエンジニアリング技術ワークショップ 2016

執筆

専門メディアサイト「Markezine」の連載を書くことができました。また2年前に絶版になった書籍のリベンジとして3月に単著『IA/UXプラクティス』を発売することができました。そして年内最後の12月には共著『UX x Biz Book』を発売することができました。年に本2冊も出せたことは自分としても驚きです。ありがとうございます。

仕事

組織変更もあり、チームで熱海旅行をしたのが新鮮でしたね。楽しかったです。仕事内容といえば、営業・企画にシフトした年になりました。2016年はじめに取得した「Service Design Sprints」のマスターを取得したことで、社内研修プログラムの充実も図り、会社主催のワークショップイベントも企画から講演をすることができ、プロジェクトでも勉強会に加えワークショップをいくつか実施することができ、内外ともにワークショップをやりまくった一年になりました。監修したツール「UX Recipe」の共有機能をリリースしたことが遠い昔に思えます。

  • 某保険のメディア開発に参加
  • 某メーカーのグローバルサイト案件に参加
  • 某金融サービスの開発に参加
  • 某保険の新規サービス開発プロジェクトに参加
  • UXツール「UX Recipe」共有機能のアップデート
  • NPS x カスタマージャーニーマップ活用セミナー(企画・講演)

プライベート

「懐古」そんなテーマがある一年でした。学生のとき憧れていたグラフィックデザイナーの三木健氏の個展で直接お話することができました。5月に「iPad Pro」と「Apple Pencil」を購入したのですが、それで絵を描く楽しさを再発見することができました。やはり絵を描くことが好きなんだと。それに輪をかけて「iPhone 7 Plus」を購入したおかげで、写真を撮ることも多かった一年でした。

そのキッカケでもないのですが、大切なイラストレーターだった親友を亡くしたことも大きな出来事です。京都で訃報を聞いたときには講演で京都にいたのでそのまま告別式までいたのを思い出します。彼女の絵を描くことに対する想いを受け継ぐカタチで、iPad で絵を書いていたような気がします。

家族で行ったことといえば、狂言で野村萬斎、落語で立川談春など古典芸能を堪能した機会も多かったと思います。そもそも自分はそういうものが好きなんだ、そう思えることが多かったです。時間を見つけてはライブに行ったりとかもしました。最近であれば、竹原ピストルですし、ひょんなことから華原朋美と直接お話もできたし、ベビーメタルのライブに参加したりしました。そういえばドラクエ展に行ったのも今年ですね。

映画・テレビ番組

何と言っても大河ドラマ「真田丸」一色だったと思います。なので長野県に講演に行った際には、上田城に行ったりとかもしました。「龍馬伝」に次ぐ大変すばらしい大河ドラマだったと思います。

映画では「君の名は」はもちろんですが、その前にあった「シン・ゴジラ」これはもう一度観たいですね。細かな演出は庵野監督そのものでした。そして極めつけは先日上映された「ローグ・ワン(スターウォーズ)」ですね。なんといってもエピソード4に続くストーリーだけに興奮が未だに覚めません。

あと個人的には、舞台挨拶に遭遇したロマンポルノ「ジムノペディに乱れる」を見れたこと、竹原ピストルも出てる「永い言い訳」を見たことは印象に残っています。あと、忘れてはいけないのに「スティーブ・ジョブズ」もありました。

  • 真田丸
  • 君の名は
  • シン・ゴジラ
  • ローグ・ワン(スターウォーズ)
  • ジムノペディに乱れる
  • 永い言い訳
  • スティーブ・ジョブズ

読書

読書は、本を購入しても「Kindle」で見つけては買ってしまうことがありました。人の歴史やストーリーがやっぱり好きなようで、そういった書籍を見つけてはコッソリ読んでいました。とくに、海外の著者の翻訳版を多く読んでいるようで、自己啓発も含めいろいろと刺激をもらいました。

  • シンプルに考える
  • ダントツにすごい人になる
  • スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで(上・下)
  • インクルージョン思考
  • サーチ・インサイド・ユアセルフ
  • Think Simple
  • HARD THINGS

仕事関連では、「〈インターネット〉の次に来るもの」や「未来を築くデザインの思想」など思想にフォーカスした内容の本が多かったように思います。

  • 〈インターネット〉の次に来るもの
  • デザインの伝え方
  • Web制作者のためのUXデザインをはじめる本
  • 未来を築くデザインの思想
  • デザインスプリント
  • ストーリーマッピングからはじめよう

漫画だと「センゴク権兵衛」そして先日最終話だった「スティーブス」があります。

2017年

テーマは「」でいこうと考えています。

これまでの単純な積み重ねではなく、新しい動きをする、これまでにないことをする、もうこれに尽きるかと思います。これまで皆さんにいただいた機会を次のステップにつなげるよう動くことを考えています。

見えている活動としては、アレやコレや言うというよりも「自分の考えていることをアウトプットし続ける」「新しいことにチャレンジし続ける」これを増やすということを念頭に取り組んでいこうと思います。

最後に、竹原ピストルの歌詞を引用しておきます。

何が本当の自分探しだよ。
もうとっくに見つけているじゃないか。
見つけた本当の自分の無様さから逃げようとしているだけの
無様な本当の自分を、とっくに見つけているじゃないか。

2017年、よろしくお願いします。


CX and UX viewpoint

CX and UX viewpoint

少し前に「CX vs UX」という記事が散見されましたが、自分なりにも整理してみようと思います。

前提としては、どちらもエクスペリエンス(体験)と書いてますので、その対象者をユーザー(利用者)と呼ぶかカスタマー(消費者)と呼ぶかという点でも異なります。

概念としては、「視点が違う」ということもできますが、その言葉を使う背景から考えると「責任範囲が明確に違う」と見ていいと思います。

対比してみると、次のような感じだと思います。

CX (Customer Experience)

  • カスタマーエクスペリエンス
  • マーケティングにおける文脈
  • 対象はサービスデザイン
  • 店舗やサポートなど、ビジネスの対象者を指す

UX (User Experience)

  • ユーザーエクスペリエンス
  • プロダクトにおける文脈
  • 対象はプロダクトデザイン
  • ユーザビリティやUIなど、プロダクトの利用者を指す

言葉の使い分けに目を向けてみましょう。「CXを向上させるためにUXに取り組む」「UXを向上させるためにCXをとらえる」という具合に、次のように使い分けができます。

用例1
CX(つまりマーケティング効果)を向上するために、店舗担当者が使うタブレット用のWebアプリのUX(プロダクト利便性)を調査した。
用例2
WebやアプリのUX(つまりプロダクト利便性)を向上するために、カスタマージャーニーマップ(マーケティング分析手法)を用いた。

このように、視点が異なるため責任範囲(目的)も異なってくるということです。

CX and UX viewpoint Figure

以上のように、「CX」をマーケティング、「UX」をプロダクトの文脈で考えた場合、マーケティングの要素にはプロダクトが必要であり、プロダクトを考えるにはマーケティングを考えなければいけないわけなので、相互関係があるといえます。

したがって、CX(マーケティング)の文脈で語られるとき、プロダクトについては言及されにくく、UX(プロダクト)の文脈で語られるとき、マーケティングについては言及されにくいといった偏りが見られるのが現状です。

論点は、責任範囲に言及すべきで、己が何をするかで話すようにしましょう。

「で、結局何するんだっけ?」と思ったときには「X(体験)」で話さず「C(マーケティング)」なのか「U(プロダクト)」なのか目的を明確にして議論を進めるとよいかと思います。

参考


|   

ENTERMINA IV #entermina

エンタミナ4 集合写真

去る 8/13 (土) に「エンタミナ4」が開催されました。今回が4回目ということで、これまでの登壇者(総勢11名)が一同に会した大イベントだったわけですが、ボクもそのうちの一人として登壇しました。イベントの雰囲気やスタッフの活躍風景については「エンタミナ4|2016.8.13 – NAVER まとめ」にあがっているので、こちらでご覧いただくことができます。

右脳と左脳フルスロットル

今回のセッションは、登壇順がラストということで言葉を並べるプレゼンにはしないことを決めていたので、Apple PenciliPad Pro に絵を描いているところを見てもらおうという試みでした。最近「UX」テーマでのセッションが多いので、エンタミナらしく少し変わったショーにしてみました。

エンタミナ4 坂本のセッション

もともとは、以前に出演した田口さんのインタビュー番組「INTERVIEW A GO GO」でも語っていますが「#sticky50」で「絵を描くこと」の楽しさを実感していた時期に、鷹野さんから「あのイラストを描いているとこが見れたらいいよね」という雑談をしたことがキッカケでした。

ただ描くだけだと面白くもないので、聖徳太子の「豊聡耳」の逸話をもじって、絵を描きながらいろいろな方からの質問に答えてみるという試みにしてみました。セッションの中でもお話した右脳と左脳を同時にフル回転させてみるということにチャレンジしたわけですが…。

結果は右脳の惨敗でした。質問に答えることはできましたが、やはり手が止まってしまうという結果になりました。一番の誤算は、緊張で手が震えてしまい思った通りに線が書けないという状況に…会社の同僚たちも来ていたのに情けない (TдT)

モデルは豊川さんというディレクターの方ですが、後日きちんと筆入れして完成したものをお渡しすることができました。

ということで、以降はボク以外の登壇者の方のお話と記憶に残っていることを書いてみようと思います。

田口真行さん―プレゼンのコツ

田口さん自身の強烈なキャラを逆手にとり、客観的にツッコミをいれる新スタイルでした。個性が強ければ強いほどできる一人二役のやりとりは田口さんならではで、会場も盛り上がりアイスブレイクとして見事でした。あの映像を見た瞬間に、Tシャツの色が (田口さんだけ) 決まっていた理由を悟りました (笑)。

  • コミュニケーションのコツは、自己紹介で好きなものを説明するときに隠れている
  • プレゼンは根拠を示し、相手からの共感を得ることがもっとも大切だ

鈴木教久さん―人狼ゲームのノウハウ

鈴木さんご自身が企画・開発をされた「人狼ゲーム」のノウハウ (からくり?) についてお話いただきました。とくに初心者が陥りやすいパターンや、熟練者がいる場合の傾向と対策などをわかりやすく解説いただき、したことがない人にも興味が湧く内容でした。早速、あべちよさんも人狼ゲームやってみようと言ってました。

  • 人狼ゲームには、初心者が陥りやすい心理的パターンがある
  • 初心者はジタバタすること、情に訴える必死さが大切だ

中村健太さん―企画のコツ

中村さん自身の経験をもとに、実際の事例でどのように振る舞ったか、どういう思考でものごとを判断しているかについて触れられました。そもそも熱意やパワーを持ち続けている中村さんらしいアプローチで、とても15分とは思えない速さ (鈴木さんの倍速くらい?!) で一気にプレゼンが終わってしまった印象です。

  • 「その企画に愛はあるか」この企画が「すごいんだ」っていう熱意が重要
  • 「それじゃあ仕方ない」と思わせることで、企画を前に進めること

高瀬康次さん―ミスディレクション

もっとも驚いたのは、マジシャンのほうがWebディレクターよりも経験が長いという高瀬さんのセッションです。登場から手品を披露し、種明かしをしていく中で見つかるWebディレクターとしての仕事の考え方、共通項についてお話いただきました。いつもよりイキイキとした高瀬さんの表情が印象的でした。

  • ミスディレクション」とは意識を外させることを指す
  • 人の意識は、点で捉えることで適切にディレクションすることができる

阿部正幸さん―JavaScriptの苦手を克服しよう

時間内に終わるよう、15秒で自動でスライドが進む斬新なプレゼンスタイルでした。これを実現している技術も話す内容も JavaScript なのが面白い。話している途中でも容赦なくスライドが進むので、そのやりとりだけでも楽しめました。ご自身でも言ってましたが「ドM」ですね (笑)。スライドはこちらで公開されています。

  • 絶対に時間どおりに終わる 15 秒で自動送りするスライドを実演
  • object や DOM をわかりやすく解説

松尾茂起さん―反復のすゝめ

ワンフレーズ「反復」だけを盛り込んだセッションで、今回もキーボードで弾き語り、Youtube のビデオで笑いと感動を誘った内容でした。松尾さんならではの独特の「間」と今回のテーマ「反復」とがいい感じに折り重なって、終わったときには「圧倒的 感動!」としか言えない状況になりました。スライドは SlideShare で公開されています。

  • 「ブレないからこその感動」の下りが個人的にはとても好きです
  • 感動は反復で作られる、結果「Oh! 田口」を熱唱いただきました

長谷川恭久さん―好きなものに間違いはない

合計2000時間も熱中しているオンラインゲーム「World War Craft」を題材に、はじめて触れたときの印象を朗読から始めました。前の松尾さんからのバトンタッチということで、非常に入りづらい印象でしたが、自身がのめり込んだゲームの話だけあって、いつもより熱を感じたのはボクだけでしょうか。

  • コーヒーを染み込ませた、あの日の自分からの手紙のような演出が印象的
  • 好きなことには理由がない、好きなことと人間性は関係ない

中尾 豊さん―成功するリスティング広告

検索連動広告の「血の海地獄」と対比して、ディスプレイ広告で独占状態をつくるというアプローチは非常に分かりやすかったです。打ち間違いでもある「entermima」でその独占状態を説明することや、マイルドヤンキーのくだりで自分とは異なるターゲティングについてもスッと理解できました。スライドは SlideShare で公開されています。

  • ディスプレイ広告で気づきを与える大切さ
  • 積極的に検索していないユーザー (マイルドヤンキー) を攻略する

中尾さんのブログ「背景に論理がない感情論は意味がない〜エンタミナ4の登壇を終えて感じたこと〜」にも感想が書かれています。

中川直樹さん―プレゼンテーションで気にしていること

中川さんのセッションは、アッという間に中川さんの世界観に没入してしまいます。この演出もそうですが、オーケストラや寿司ネタに加えて感情移入の解説は文字どおりヤバかったです。「シンデレラ曲線」ははじめて聞いたのですが、CJMと同じで自分事に感じやすくなるポイントを解説されていました。

  • 人に伝えるということは「素敵に伝える・ストーリーを伝える・自分事だと思わせる」ことだ
  • シンデレラ曲線で物語を時間軸にして可視化する

鷹野雅弘さん―英会話レッスン

鷹野さんは前回に引き続き、英会話レッスンをしていただきました。完全に教室というメタファで演出されており、この時間は全員生徒となったことで、飽きさせない工夫はさすがでした。また、身になる覚え方として、Netflix を観ることでシャドーイングが有効な点、わからない穴ぼこをつくることなどを教わりました。

  • 英語の授業で、かつ抜き打ちテストが本編のシナリオになっていた
  • 「パーリー」など「ラリルレロ」に変わるパターン (ハイディ矢野氏の著書)

エンタミナ4 グラレコ(投票)

まとめ

1人15分というリズムで進めたことと、各登壇者の内容がまったく被らなかったことで、参加者としても飽きずに楽しめたイベントだったと思います。また、15分というかなり短い時間にも関わらず、内容はいつもにも引けを取らず一流のプレゼンターばかりだったのも印象的でした。最後の「おかわりセッション」という投票システムもそうですが、これまでとは一線を画すイベントになったことは間違いないと思います。

個人的には、登壇者もさることながら新しい試みにチャレンジできる場を用意してくれた田口さんはじめスタッフの皆さん、そして会場をお借りした C&R 社さんにも感謝感激雨霰です。ありがとうございました。

また、今回も登壇者全員分のグラレコが作成されました。毎回、セッション内容を事前に共有できていない中で書き起こすグラレコは相当大変だったと思いますが、今回もすべての登壇内容をきちんとグラレコで描き上げられていたことに感動しました。

そして、登壇者どおしの交流もいっそう強まり、その日は翌朝までディープな懇親会 (なぞ) で楽しく過ごしましたとさ。次回があるとしたらどんなセッションにできるか自分の中でも猛省するばかりです。

エンタミナ4 登壇者

最後に、中尾さんが書いてくれたTシャツで一句。登壇内容を組み合わせてみた自由律短歌です。

過去のイベント

関連情報


Attract Fans, Creative Mind #entermina 3

entermina 3

4/9 (土) に開催された週末のエンターテインメント「エンタミナ3」に登壇してきました。今回で3回目になる本イベントは「ファンを惹きつける、クリエイティブマインド」をテーマに、個性的な講師たちが普段話さないことを題材にするというもので、とてもユニークなイベントになりました。

まず、講師陣が豪華です。人狼ゲームの企画者でもある鈴木教久氏、「沈黙のWebマーケティング」著者の松尾茂起氏、CSS Nite の鷹野雅弘氏と本イベントの主催でもある田口真行氏です。その一旦にボクも参加させていただいたわけですが、田口さんの紹介ビデオが面白いのでこちらもご覧ください。

タイトルなし by 坂本貴史

普段話さない題材で何にしようか悩んだ結果、これまでの経験をシンプルに説明するスタイルにし、なぜ IA (情報アーキテクチャ) に興味を持つことになったのか、そして今何をしていて今後どのようなことを考えているのかについて触れてみました。スライドだけでは伝わりづらいとは思いますが、SlideShare でも公開しておきます。

途中で取り入れたスマホの交換ワークショップは賛否両論あったかも知れませんが、整理整頓の話から IA の話、そして UX (ユーザーエクスペリエンス) へと展開するセッション内容の〈芯〉になったと思っています。そのおかげもあり参加者といっしょに作り上げるイベントとしてのトップバッターの務めは果たせたかなと思っています。

将棋指しのチェス by 鷹野雅弘

CSS Nite でおなじみの鷹野さんが、運営側ではなくスピーカーとして登場。歳とって、やっちゃいけないこととして「説教・昔話・自慢話」と言いつつも、ご自身のこれまでの経験を振り返り、後半にはなんと英語の授業という構成で楽しく学ぶ (?) ことができました。

  • 「他の人があまり経験したことないことを晒す」ハッシュタグを題材に、これまでの経験をお話しいただきました。
  • 「100以上の仕事をしたことがある」なか、ミュージシャンをされていた経験が今に活きている事を指し「オファーには飛びつこう」という積極的な姿勢を説得力をもってお話しいただきました。
  • 英語の教師をされていた経験から、後半は「20分で飛躍的に英語力が向上する英語教室」を開講。「Party」が「パーリー」と発音するメカニズムなど、短い時間に上達する Speaking のコツを教えていただきました。

はじめて鷹野さんのプレゼンを見ましたが、とてもわかりやすくて授業を受けているような感覚でした。最後に、スティーブ・ジョブズの言葉「Connecting a dots」を引き合いに出し、ミュージシャンと CSS Nite、英語と日本語などを対比しながら共通点を見出し、すべてはつながることを強調。鷹野さんの何にでもチャレンジしていく姿勢が垣間見れてとても楽しかったです。

あなたの人生を変える”倍音”の話 by 松尾茂起

書籍「沈黙のWebマーケティング」の著者である松尾さん。いつもなら SEO やコンテンツについてのお話しをされる松尾さんが、今回は音楽についての授業をご自身のキーボードを持参して語られました。とくに音や周波数の違いから生まれる人の印象の違いは興味深く拝聴することができました。

  • 倍音(ばいおん)」についての説明。どんな音も複数の音から成り立っていることをキーボードで演奏しつつ実演していただきました。
  • インテル入っている」ショーン氏の声をサンプルに、声の周波数の違いにより人の印象が声で決まるということをご説明いただきました。人で分けると、黒柳徹子は整数次倍音、森進一は非整数次倍音など。
  • なぜ、日本人は非整数次倍音に親しみを覚えるのか。日本人は音を左脳で処理している科学的論拠や、日本語に含まれる子音の多さなどから紐解いてご説明いただきました。

鷹野さんの英語の授業に続き、音楽の授業になった松尾さんの講演は、自身のキーボードで実演いただく近年稀に見るエンターテインメントなセッションでした。聞いたことのない言葉「倍音」をテーマに、音とコミュニケーションについての本質を突いていたかと思います。ボクの声もインテルは入っていないと思いますが (なぞ)、日本語や日本人の性質と音楽との関係性などが理解でき、楽しみながら音楽を学ぶ機会になりました。

生きているうちに評価される道 by 鈴木教久

人狼ゲーム(牢獄の悪夢)」の作者である鈴木さん。「necomimi」のプロダクトディレクターでもありイベントディレクターや番組プロデューサーなどもされているマルチプレイヤーです。そうした彼自身の経験から、クリエイティブなものを生みだすための5つのポイントを簡潔にご紹介いただきました。

  • テレビ番組や映画にもなった「人狼ゲーム」について、発売後どれくらい利用者が増えたのか、どのように認知が広がっていったのかを(知らない人向けに)簡単にご説明いただきました。
  • クリエイティブなものを実現するための「5つのモノサシ」をご紹介いただきました。5つとは「ビジネスの参入障壁・技術の参入障壁・メディア拡散力・自分以外への利益・身の丈にあっているか」についてです。
  • 「死んでから評価される道と、生きているうちに評価される道」のどちらを選択するのか、という問いから始まり、「誰のために世界をどう変えたいのか、それが明確なら人がついてきてくれる」というマインドの大切さをお話しいただきました。

はじめてお会いした鈴木さんのお話しは、スタートアップの話にも通じてとてもわかりやすく説得力を持っていました。ボクは「死んでから評価される道」に手をあげてしまったのでアレですが、やはり何かを作るのは工場ではなく工房であり、深夜の個人作業に宿るのではないかと思いました。講演後にかけつけたファンの多さにも驚き、いろいろな面でとても刺激を受けました。

人前で人を惹きつける喋り by 田口真行

本イベントの主催でもあり、デスクトップワークスの代表でもある田口さん。最近は Schoo の公式チャンネル開設などでご活躍の彼がもっとも勝負できる「喋り」についてお話しいただきました。彼自身の経験から喋り下手がどうすれば惹きつける喋りができるようになるのか極意を教えていただきました。

  • 本イベントの講師陣・プログラム構成の中で、大トリを務めることになった背景から、自分がもっとも自信のある「人を惹きつける喋り」についてスライドを使わずにお話しいただきました。
  • 会場にいる参加者の中から、喋り下手な方を参加させてのワークショップをその場で実施。
  • 相手の共感を得られにくい例として、ヘンに準備してしまい一方的に話してしまう例をあげ、急に話題を振ることでの発想力と緊張感による効果を実演していただきました。

参加者を巻き込むワークショップはとても面白かったです。時間がない中で参加者を巻き込むパワーは流石だなと思いました。答えをあらかじめ準備するよりも、その場の雰囲気で話せるようになるといい、ということだと理解しましたが、かなりハードルが高いだろうなあと感じました。また、話すのと発表するのとではかなり違うと思うので、ケースに分けて説明いただけるとさらによかったと思いました。

トークセッション(モデレーター 高瀬康次)

最後は、登壇者全員が参加してのトークセッションを行いました。モデレーターは、前回登壇もされた高瀬康次氏が担当していただきました。凄いことをやっている人やチャレンジしている人の「うまくいかない方法」について深掘りしようという内容でした。

  • 失敗談とその考え方については、失敗の捉え方や次につなげた経験についてお話ししました。
  • ビジネスレイヤーの方にうまく伝える方法としては、数値目標の話や企業における価値についてお話ししました。
  • デザイナーの価値のあげ方については、自信を持つことや価値を磨くこと、上流工程で巻き込んで進めていく発言力についてお話ししました。

なかなか鋭い質問もあり、最後のトークセッションとしてはまだまだ熱が冷めていない参加者の意気込みや会場の雰囲気が伝わってきました。質問が多くあるということは、それだけ関心を持っていることがあり共有したい姿勢が多かったということだと思うので、イベントとしてもとてもよかったと思います。

グラフィックレコーディング

グラフィックレコーディング

今回も登壇中にライブで図を書き起こすグラフィックレコーディングを実施しました。読者が理解しやすいよう流れを可視化するこの手法は、最近では珍しくなくなってきたかと思いますが、今回は参加者にも参加するカタチで付箋で貼っていく試みを実施していました。

参加者と対話しながらできあがっていくその試みは、とても刺激的で新しかったです。個別に振り返りができなかったのがたいへん残念でしたが、和田さん小野さん名古屋さん、ありがとうございました。

まとめ

今回のエンタミナ3は、3回目にしてようやくエンターテインメントに振り切ったイベントになれた印象です。ボク自身のセッションはエンターテインメントに振り切ることはできなかったと思いますが、いっしょに登壇された皆さんのセッションは、とても楽しくとてもいい刺激を受けました。

参加者の中には、まさかこういう展開になるとは思ってもみなかったと思いますが、実は登壇者側も当日まで話す内容はいっさい共有しておらず、運営スタッフも含めて当日はじめて聞く内容でした。それだけにそれぞれのセッションには驚きがありかつ楽しく参加者といっしょになって作り上げた一日だったと思います。

それだけ大きな化学反応が起きたイベントだったというのが総括ではあるのですが、自分も含めて新たな側面を見せることができた機会になったと思います。今回こうした試みをしたことによって、今後のプレゼンの作り方や内容、その場の作り方などには大きな影響があるのではないかと思います。

最後に、こんな素敵なイベントに呼んでいただいた田口さん、場所提供をしていただいたC&R社、ええ声・いい笑顔で最後まで仕切っていただいた司会の篠崎さん、実況担当やSNS担当、カメラや照明などたくさんの関係者の皆さんといっしょに作り上げたこのイベントは本当に楽しかったです。お疲れさまでした。また呼んでいただけるよう精進していきたいと思います。ありがとうございました。

関連記事

過去のイベント


SDS-MVS and KA Method

by ServiceDesignSprints.com

Service Design Sprints で MVS ジャーニーのワークがありますが、その作成過程がインタビューや観察から定性的分析を行う「KA 法」と共通する部分があると感じたので、そのあたりを整理してみようと思います。

MVS (Intention + Avatar)

Service Design Sprints の詳細は、書籍『サービス・スタートアップ』を見ていただくとして、その中に「MVS ジャーニー」というワークがあります(ワークブックのダウンロード)。MVS ジャーニーとは、サービスとユーザーの流れを示したもので、いわゆる To Be の CJM と言うこともできます。この MVS を作成する過程で、書き出す内容に「Intention」と「Avatar」があります。

この場合、インテンションとは「意図」ですが、ユーザーが達成したい「What(何)」を指します。アバターとは、「How(どのように)」達成するかを指し、人々やプロセス、チャネル、デジタル表示、モノなどを指します。ある瞬間を、インテンションとアバターとに分解して考えることで、本来ユーザーが意図していたことは何だったのか、その手段にはどういうものがあるのかを見極めていきます。

MVS (Intention + Avatar)

  • インテンションは、意図を指す。ユーザーが達成したい「What」を考える。
  • アバターは、手段を指す。どのように達成するか「How」を考える。

ある瞬間から、本来の意図(インテンション)を見つけることができれば、その手段(アバター)は何にでも置き換えることができます。喉を潤すためには、ミネラルウォーターでなくてもいいという具合です。

MVS (Intention + Avatar) の例

KA Method

KA 法は、株式会社紀文食品の浅田和実氏が食品の商品開発のために開発した分析手法です。ユーザーの価値に着目するもので、観察から得られる「出来事」を「心の声」と「価値」に変換して、ユーザーにとっての価値とは何だったのか洞察を得るための手法です。詳しくは書籍『図解でわかる商品開発マーケティング』が参考になります。昨年、千葉工大の安藤研究室と NRC UXリサーチで共同開発した「実践! KA法おためしキット」が記憶に新しいです。

ユーザー調査から得られたある事象を「出来事」として書き出します。出来事の記述は「状況・動機」「行動」「結果」の 2 つ以上を組み合わせて作成し、そのときのユーザーの「心の声」を想像で書きます。そこから「価値」に置き換えて「動詞 + 価値」という表現で表します。(参考: UX INSPIRATION!

KA 法

  • 心の声とは、ユーザーの本心を書く。建前や表面上発した言葉ではない。
  • 価値とは、ユーザーにとっての価値を書く。機能的・情緒的・自己実現がある。

ある出来事から、ユーザーの「心の声」と本来求めている「価値」がわかれば、その出来事は置き換えることが可能になります。喉を潤す価値の実現のためには、コンビニに行かなくてもミネラルウォーターでなくてもいいという具合です。

KA 法の例

考察

この 2 つはどちらもユーザー行動から定性的に分析する手法と言うことができるかも知れませんが、MVS 法(仮称)のほうはユーザーとサービスとの対話をどのように行うかという、ある意味〈洞察の浅い段階〉においてアイデアを広げるベクトルを感じるのに対し、KA 法はすでにある結果から〈深い洞察を得る〉ための分析に役立つことがわかります。

  • MVS 法(仮称)は、浅い洞察を広げることに役立つ(展開のベクトル)
  • KA 法は、深い洞察を得るために役立つ(深掘りのベクトル)

やはり MVS 法(仮称)は、スタートアップによくあるように、対象製品・サービスがまだない状態の企画段階で行うほうが適していて、すでにユーザーがいる状態であれば KA 法などで深く分析するほうが適しているように感じます。また、逆向きのベクトルを持つ特性を考えると、これら 2 つがサイクルしてもいいのでは、と考えることができます。たとえば、企画段階では MVS 法(仮称)で計画し、検証を KA 法などを使って深く分析するという具合です。

あとがき

書きながら考えたのですが、こうしてブログ(アバター)に書いている行為も、自分の考えを整理するという意図(インテンション)があり実践している(手法を学ぶ)ことになるのだと思いました。

あとがきの例

ちなみに、MVS 法(仮称)にしろ KA 法にしろきちんと学んだことはないので、もし認識や理解が間違っていたらぜひご指摘・ご意見いただければと思います。